1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 大山崎町歴史資料館
  5. 幕末・維新期の大山崎

幕末・維新期の大山崎

2010/10/09 ~ 2010/11/28


【大山崎町歴史資料館】

大山崎町歴史資料館

大河ドラマなどの影響もあり、昨今注目が一層高まっている幕末の時代。
京都はその動乱の中心地としてよく知られていますが、大山崎も舞台のひとつでした。
特に、「禁門の変」(蛤御門の変)の際には、朝敵として追われる身になった長州藩の志士たちが、幕府軍から主力部隊を逃がすために山崎に留まり、壮絶な最期を迎えました。その際、幕府軍が敗走兵を一掃しようと町に火を放ち、町の多くが被害を受けています。
展覧会では、幕末から明治維新にかけての激動期の大山崎を、絵画資料や文献資料を使って紹介します。

※今回の企画展は、向日市文化資料館の「幕末・維新の乙訓をゆく」と高槻市立しろあと歴史館の「幕末・京都をめぐる雄藩と高槻」との協力展となっています。
CHECK POINT

【関連イベント】 歴史講演会・現地見学会

歴史講演会


展覧会に併せたテーマで専門家が語る、歴史講演会。今回のテーマはもちろん幕末と維新。
幕末から明治維新の頃、京都周辺で何が起きていたのか、知られざる一面も浮かび上がるかも知れません。

会場:大山崎ふるさとセンター 3階ホール
時間:13:30~15:30
※事前申込不要、聴講無料(入館料は別途必要です)

■ 第1回「京都守護職会津藩の八幡・山崎防衛構想」

開催日:10月24日(日)
講師:馬部 隆弘 氏(枚方市市史資料調査専門員)

■ 第2回「淀川水運と幕末志士たち」

開催日:11月3日(水・祝)
講師:桐野 作人 氏(歴史作家・歴史研究者)

■ 第3回「廃仏毀釈と西観音寺」

開催日:11月23日(火・祝)
講師:中島 三千男 氏(神奈川大学学長)

現地見学会「天王山―禁門の変の現場を歩く」


実際に歴史の舞台となった場所を、専門家のガイドと共に見て歩く見学会。
今回は「禁門の変」(蛤御門の変)がテーマ。実は大山崎も「禁門の変」の舞台となり、戦も起きていました。
展覧会だけでは味わえない、現地ならではの発見をしに足を運んでみては?

日時:11月21日(日) 12:00集合(阪急「大山崎」駅) 16:30頃解散予定(JR「山崎」駅)
参加費:100円+歴史資料館入館料
コース:歴史資料館~西国街道~安養院~一七士墓~宝積寺(約4km)
※事前の申し込みは不要です。

★「一七士(十七烈士)」
「禁門の変」の際、敗走し幕府軍に追われた長州藩側で、殿(しんがり)を務めた人々のこと。
主力部隊を長州へ逃がすため、真木和泉守保臣以下十七人が山崎に留まり、最後は天王山で自刃して果てました。

【関連イベント】同時開催の協力展もチェック!

今回の展覧会は、大山崎町歴史博物館、向日市文化資料館(京都)、高槻市しろあと歴史館(大阪)の近郊3施設による協力展となっています。
同時期に、「幕末」をテーマにした関連展示がそれぞれの施設でも開催されています。こちらもチェックを!

特別展「幕末・維新の乙訓をゆく」


向日市文化資料館
開催日:10月6日(水)~11月28日(日)

特別展「幕末 京都をめぐる雄藩と高槻-黒船来航から鳥羽・伏見の戦いまで-」


高槻市立しろあと歴史館
開催日:10月2日(土)~11月28日(日)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗