1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

2020/01/07 ~ 2020/03/29


【細見美術館】

細見美術館

大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質を有していると評価されています。品格を備えた洋食器は、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛されたほか、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担ってきました。

陶磁器に出会うシリーズの9回目となる本展では、草創期から現在までの作品を通じ、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探ります。
また、最新の調査結果を反映し、これまで知られることのなかった創業当時など戦前の様子を伝える貴重な資料、さらには当館のロゴや琳派展のグラフィックを行なってきた仲條正義氏デザインの大倉陶園の洋食器の特別展示なども併せて行います。

※この展覧会は前後期制です。展示替となる作品がございます。
【前期】1月7日~2月16日/【後期】2月18日~3月29日

【作品画像】
(1)貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作)1935年奈良ホテル蔵
(2)色蒔デミタス碗皿1935‐45年東京村田コレクション
(3)瑠璃透彫サービス皿1940‐45年個人蔵
(4)「一本のバラ」プレート(部分)1990年大倉陶園蔵撮影:鈴木心


CHECK POINT

【特別展示】大倉陶園×細見コレクション at 茶室 古香庵

展覧会の開催を記念して、細見コレクションより鈴木其一筆「白椿に小禽図」をモチーフにした大倉陶園製作の皆具(水指、柄杓、建水、蓋置を同じ意匠で揃えた茶道具)を、特別な室礼でお楽しみいただけます。

日時:2020年1月15日(水)~19日(日)11:00~17:00
会場:茶室 古香庵(細見美術館3階)

【関連イベント】ギャラリートーク「奈良ホテルと大倉陶園」

日本を代表する老舗ホテル「奈良ホテル」には、清朝最後の皇帝溥儀をもてなした大倉陶園製の洋食器が伝わります。このトークイベントでは、奈良ホテルの副総支配人をお迎えして、この食器揃にまつわるエピソードをお話しいただきます。

日時:2020年1月18日(土)2月22日(土)14:00~
講師:辻 利幸氏(奈良ホテル副総支配人)
料金:無料(ただし、入館料は別途必要です)

【関連イベント】アートサロン「大倉陶園のお話とティータイム」

大倉陶園で社史研究に携わる黒澤学氏をお迎えして、大倉陶園の歴史と技術をわかりやすくお話しいただきます。また、展示室をまわりながら、見どころ作品のご紹介もいただきます。

日時:2020年2月15日(土)13:00~
講師:黒澤 学氏(株式会社大倉陶園)
会場:茶室 古香庵(細見美術館3階)
定員:22名(8名以上にて催行/要申込・先着順受付)
料金:4,500円(入館料を含む)

【関連イベント】気軽にお茶会体験「洋食器のミニ茶会-大倉陶園のうつわで楽しむ-」

展覧会にちなんだ、洋食器で抹茶を楽しむシリーズイベントの第5回。
今回は大倉陶園のうつわも登場します。洋食器と抹茶の新しい魅力をぜひ発見してください。

日時:2020年3月8日(日)11:00~/13:00~/15:00~
会場:茶室 古香庵(細見美術館3階)
定員:20名(8名以上にて催行/要申込・先着順受付)
料金:3,500円(入館料は別途必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗