1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. 人の心のあたたかさと,理くつなしの涙~一教師・大橋まりの記憶と記録~

人の心のあたたかさと,理くつなしの涙~一教師・大橋まりの記憶と記録~

2012/04/28 ~ 2012/08/28


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館

戦中から戦後にかけて、一教師として生涯を全うした、ひとりの女性。

その教師の記憶と記録にふれ、そこに生命を吹きこむ。



この企画展は、小学校教師・大橋まり(1923~2009)の教師人生をふり返り、そこに宿るさまざまな思いと情景を追体験する試みです。



今回展示するのは、学校に遺された貴重な美術工芸品の他には、主に卒業文集や写真、手紙など,ありふれたものばかりです。しかしそこには、大橋先生とその児童たちが残した、かけがえのない生活の思い出が宿っています。



教師就任直後の学童集団疎開、終戦後に教え子たちと離ればなれになったこと、卒業文集を通じて旧交を温めたこと、音楽を通じてさまざまな喜びと出会いがあったこと...。

この企画展を通して、戦中戦後の激動期を生きた大橋まりという一教師の歩みをもとに、学校生活の中で生まれた「人の心のあたたかさ」を感じていただけると幸いです。



大橋先生を知る方も、ご存知ない方も、是非ご観覧ください。



同時開催





■ 併設展示「疎開の記録」
アジア太平洋戦争の末期から終戦直後まで(1945年春~秋)実施された,幼い子どもたちにとって過酷な学童疎開。子どもたちの心には、一体何が焼き付けられたのでしょうか。子どもたちが疎開先で描いた貴重な絵や疎開先で書かれた手紙などをご覧いただき、当時の子どもたちの思いを感じ取っていただけると幸いです。(全期間計31点展示予定)

■併設展示「戦後の音楽教科書」
教科書とは、編集された時の風潮や教育方針が反映されることで、時代によって大きくかわるものです。
今回の展示では、小学生用の教科書を中心に、様々な音楽教科書を展示いたします。
それぞれの教科書の特徴をご覧いただき、教育の多様性・可能性を感じていただけると幸いです。(全期間計13点展示予定)

CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク「展示資料に秘めた思い」

担当学芸員による企画展・併設展の展示解説を行います。
なぜ一教師・大橋まりに注目したのか。
大橋が目指した「心」の教育・「いのち」の教育とはいかなるものだったのか。
戦後の音楽教科書は我々に何を訴えかけているのか。
疎開先の生徒作品を通して学童集団疎開を考えることの意味は何なのか…など、展示資料に秘められた様々な思いをお話します。

日時:7月21日(土)・8月2日(木)・8月12日(日) 13:30~14:15
担当:和崎光太郎(京都市学校歴史博物館学芸員)
会場:京都市学校歴史博物館 1階第2展示室・3階第3展示室
※事前の申込は不要です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗