1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 日本メキシコ交流400周年記念 古代メキシコ・オルメカ文明展 マヤへの道

日本メキシコ交流400周年記念 古代メキシコ・オルメカ文明展 マヤへの道

2010/07/31 ~ 2010/09/26





ヒスイのマスク

ハラパ人類学博物館蔵




半獣半人神像

ハラパ人類学博物館蔵



オルメカ文明とは、マヤ文明を遡ること紀元前1200年頃、メキシコ湾岸地方に突然あらわれた新大陸でもっとも初期の古代文明です。

「オルメカ」とは、「ゴムの国の人」という意味。スペイン植民地時代にメキシコ湾岸地方の人々を指して用いられました。
熱帯のジャングルに覆われたこの地方で発見された古
代文明であることからオルメカ文明と呼ばれるようになりました。

文明を築いたのはベーリング海峡を渡ってきたモンゴロイドの人々。
彼らは巨大な石を彫刻し、土造りのピラミッド神殿などを築く建築技術、ヒスイなどの玉石を精緻に加工する技術をもっていました。
その後のマヤ文明など中米古代文明に共通する美術様式や宗教体系などから、新大陸の「母なる文明」とよばれています。




この展覧会は、謎の多いオルメカ文明を現地の最新の研究成果をもとにわかりやすく紹介。
オルメカ文明の象徴的存在である巨石人頭像(オルメカヘッド)や彼らが崇拝していたジャガー神像、ヒスイなどの玉製品、彩色土器、さまざまな土偶など優品約130点により、現代美術にも影響を与えたともいわれる原始美術のもつ力と美しさも併せてご覧いただけます。





マヤ文明はこのオルメカから始まったともいわれています。
展覧会では、マヤから時代を遡る旅を始め、熱帯のジャングルに隠されたオルメカの世界を巡り、再び「マヤへの道」をたどって最後は2012年「マヤ暦による世界の終末」問題など、さまざまな謎にも挑戦します。

オルメカ文明の全貌とマヤ文明の起源をたどる、日本初の本格的な展覧会です。
CHECK POINT

記念コンサート 「マリアッチ~メキシコ音楽を楽しむ~」

展覧会に併せて、様々な関連イベントも開催されます。
今回は何とメキシコ音楽のコンサートが!
煉瓦造りの洋館の中で、メキシコの風を感じてみては如何でしょうか?

【マリアッチ~メキシコ音楽を楽しむ~】
日時:2010年8月7日(土) 1)15:00~ 2)18:30~(各回45分)
出演:三品國男&マリアッチ ニッポン
会場:京都文化博物館・別館ホール(各回定員200名)
料金:1,000円(当日受付にてお支払いください)

※事前のお申し込みが必要です。
往復ハガキに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、「コンサート」と明記し、京都文化博物館内「オルメカ展イベント」係へ。先着順。希望催事・時間ごとにお申し込みください。
参加者1名につき1枚のハガキでのお申し込みとなります。

関連イベント 記念講演会&ギャラリートーク

【記念講演会 「オルメカ展のみどころ~遺跡でたどる古代メキシコ~」】
日時:2010年8月28日(土) 13:30~15:00
講師:南 博史 (京都文化博物館・主任学芸員)
会場:京都文化博物館・別館ホール(定員200名)
料金:無料※ただし、オルメカ展の展覧会入場券(半券可)が必要です。

※事前のお申し込みが必要です。
往復ハガキに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、「講演会」と明記し、京都文化博物館内「オルメカ展イベント」係へ。先着順。希望催事・時間ごとにお申し込みください。
参加者1名につき1枚のハガキでのお申し込みとなります。

【ギャラリートーク】
日時:展覧会会期中の毎週金曜日、各日18:00~(約30分)
場所:「オルメカ展」展示室内
※事前のお申し込みは不要です。参加は当日の入場者に限ります。

関連イベント 夏休みは親子で美術館へ!ワークショップも開催。

展覧会の会期中には、「ペンダント作り」や「教えて考古学」など、小・中学生のお子さん向けのワークショップも開催されます。
夏休みは、親子で美術館に行ってみるのはいかが?

また、他にも参加型のプログラムが開催される予定です。
詳細は公式ホームページをご確認下さい。
公式ホームページはこちら!

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗