大塚朝子個展『Your ghost is fine.』

2014/09/13 ~ 2014/09/28


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

大塚朝子は、京都市立芸術大学美術研究科彫刻専攻を修了後、京都芸術センターやコーポ北加賀屋、TEZUKAYAMA GALLERYでのグループ展や自主企画展に出展するなど今後の活躍が期待される若手作家です。

彼女の作品は、彫刻作品を媒介とした身体感覚とユーモアが特徴。
例えば、『似た雲の分類法』という着彩された大理石の作品では、表面をラッカー塗料で着色す ることで見た目の重量感がなくなった大理石が、手に取りやすいサイズの雲に見立てられています。その作品を「見ること」と「持つこと」と、そして作品の中 に「行くこと」で、交差する身体感覚が意識化されます。

災難に遭った際、大塚はそこで発揮される「ユーモアの力」を信じています。それは、世界の見え方を変え、体系(システム)のような固く流されがちなものに風穴をあけ、世界の本当の姿を垣間見せるものです。

ガラス製の器にお菓子のようなオブジェが盛られている『so many details』という作品は、大塚が友人と交わした「おしゃべりたち」がモチーフになっています。それらは、「ほとんど忘れてしまうけれど、その無邪気さに愛おしさを感じる」会話で、この作品はそれらに捧げる記念碑だといいます。手法としては、「くだらないもの」をモニュメンタルに見せるというオーソドックスな形式でありながら、大塚の「身体感覚」に対するセンシビリティによってリリカルな作品表現となっています。

展覧会のタイトル「Your ghost is fine.」(訳:あなたの幽霊は元気です)は、「他人の心の中に居る人(幽霊のような存在)が元気だといいな、という意味で、深い意味はなく、いつの間に か自分の中に存在していた挨拶のような言葉」と大塚はいいます。
リリカルでユーモアのある大塚の世界観を、是非この機会にご高覧ください。
 

大塚朝子

1984年 兵庫県神戸市生まれ
2006年 京都市立芸術大学彫刻専攻卒業
2008年 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻卒業

【展覧会】
2009年 作品と周辺(MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w / 京都)
2011年 《ONE, TWO》大塚朝子/杉浦美江/西上翔平(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
2012年 歌とピクニック(丹波市島 / 兵庫)
      六甲ミーツアート芸術散歩 2012(六甲山館ツリーハウス / 兵庫)
2013年  KYOTO STUDIO(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
      超京都 2013(平成の京町屋モデル住宅展示場 KYOMO / 京都)
      kawaii(CAMP(ギリシャ) / ギリシャ)
      focus(TEZUKAYAMA GALLERY / 大阪)
      what(n)ever(コーポ北加賀屋 / 大阪)
2014年 CRIA展(京都芸術センター)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗