1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 大谷大学博物館
  5. 大谷大学博物館10周年記念 2013年度特別展「伊能忠敬の日本図」

大谷大学博物館10周年記念 2013年度特別展「伊能忠敬の日本図」

2013/06/11 ~ 2013/08/05


【大谷大学博物館】

大谷大学博物館

【作品画像】
(1)国宝 伊能忠敬像(伊能忠敬記念館蔵)
(2)国宝 御用旗(伊能忠敬記念館蔵)


伊能忠敬(いのう・ただたか/1745~1818)は、約200年前、当時の最新の測量技術を駆使して日本全国を測量し、それまでになかった精密な日本地図を作成しました。 それが『大日本沿海輿地全図』(以下「伊能図」)です。伊能図は、今日の日本地図に比してもたいへん正確なもので、その測量や製図の技術は驚嘆に値します。

伊能図は、「大図」(3万6千分の1)214鋪、「中図」(21万6千分の1)8鋪、「小図」(43万2千分の1)3鋪からなり、文政4年(1821)に 完成し、幕府へ上呈されました。
今日、伊能図は国内外に複数伝来していますが、なかでもフランスで1970年頃に発見された伊能中図(イヴ・ペイレ氏旧蔵)は、東京国立博物館蔵伊能中図(重要文化財)と並ぶ優品として名高いものです。来歴は詳しくはわかっていませんが、針突法(しんとつほう/用紙を重ね、下図の測線の曲がり角を針で突いて写し、写しとられた点を結んで行く方法)によって制作された副本であり、針穴も鮮明な完成度の高いものといえます。

この伊能中図は2003年11月~2004年2月にかけて、日本写真印刷株式会社によって修復され、現在は同社の所蔵となっています。

今回の展覧会では、日本写真印刷株式会社の協力の下、同社蔵の伊能中図8鋪を展示し、あわせて伊能忠敬の足跡を紹介します。国内はもちろんヨーロッパの人々も驚かせた伊能図の正確さを、この機会にぜひご覧ください。

※会期中一部展示替有り
CHECK POINT

【関連イベント】講演会

フランス伊能中図の発見から日本里帰りまで


日時:2013年6月22日(土)14:00~
講師:渡辺一郎氏(伊能忠敬研究会・名誉代表)
会場:大谷大学講堂

時代と伊能忠敬―江戸・明治・戦後・そして現代―


日時:2013年7月20日(土)14:00~
講師:酒井一輔氏(伊能忠敬記念館・学芸員)
会場:大谷大学尋源館2階 尋源講堂

【関連イベント】展覧会ガイド

期間中には、博物館学芸員を目指している大谷大学の学生による展示ガイドが行われます。
※開催日、及びガイドの在館時間については公式サイトをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗