1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 御釡師400年の仕事 大西清右衛門 茶の湯釡の世界

御釡師400年の仕事 大西清右衛門 茶の湯釡の世界

2014/01/02 ~ 2014/01/15


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

世に「釜師」という職業があることをご存知でしょうか。

京都・三条釜座(かまんざ)の地で400年続く大西家は、茶の湯に使われる釜を16代にわたり作り続けている「釜師」の家で、茶道家元・千家の茶道具を制作する「千家十職」としても知られています。

古くから、茶会を開くことを「釜をかける」、年初の茶会を「初釜」というように、茶事そのものの代わりとして「釜」という言葉はしばしば用いられてきました。それほど、釜は茶の湯において重要な位置を占める道具なのです。

釜には、連綿(れんめん)と守り伝えられてきた技と様式があり、そこに釜師と茶人の創意工夫が加わります。何十もの複雑な工程を経て生み出される釜は、堅固にして繊細美麗。厚さ3 ミリほどに薄く鋳出された鉄の表面に、細やかな肌の風合いと優美で力強い造形が立ち上がります。

今回の展覧会では、千利休や古田織部ゆかりの品々とともに、大西家歴代の釜師たちが残した名釜の数々を一堂に展示します。多様な造形と意匠の表現、またそれらが錆び、朽ちゆく様をすら「侘び」「やつれ」としてとらえる独特の美学など、奥深い魅力にあふれる茶の湯釜の世界をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2014年1月2日(木)、12日(日) 11:00~/14:00~(各回約30分)
会場:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
講師:十六代大西清右衛門(大西家当代・大西清右衛美術館館長)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら作品解説を行います。
※参加無料、事前申込は不要です(ただし美術館の入館券は必要です)
※混雑した場合は入館制限を行う場合がございます。
※やむを得ず、イベント内容が変更・中止となる場合がございます。予めご了承ください。

十六代大西清右衛門 プロフィール

1961年、京都生まれ。1986年、大阪芸術大学美術学部彫塑科卒業。1993年に十六代を襲名する。
芦屋釡の幻の技法とされた「挽中子(ひきなかご)技法」の再現や、歴代一の名人である二代浄清(じょうせい)作「夜学(やがく)釡(慈照寺蔵)」の復元に成功するなど、過去の技法や名品を手本とし、新たな創造を試みて意欲的な活動を続ける。
1998年、「大西清右衛門美術館」をオープンし、館長に就任。釡にじかにふれて楽しむ茶会を開くなど、茶の湯文化の普及と釡の紹介に取り組んでいる。
2003年、京都市芸術新人賞受賞。2006年、京都府文化賞奨励賞受賞。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗