1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 小川千甕展 — 縦横無尽に生きる

小川千甕展 — 縦横無尽に生きる

2015/12/08 ~ 2016/01/31


【京都文化博物館】

京都文化博物館

【作品画像】
(1)小川千甕「林中画人図屏風」1949年
(2)小川千甕「自画像」1969年
(3)小川千甕「炬火乱舞」1930年 鞍馬寺所蔵


明治末期から昭和期までの長きにわたって、仏画師・洋画家・漫画家・日本画家として多方面で活躍した小川千甕(おがわ・せんよう)の初回顧展です。

京都の書肆(しょし/本の出版・販売を行っていた店舗)「柳枝軒(りゅうしけん)」の家に生まれた千甕は、少年時代から仏画を描いていました。その後、近代日本を代表する洋画家・浅井忠に洋画を学び、その一方で新感覚の日本画も発表し始めます。また同時期、千甕は京都市立陶磁器試験場の絵付け技手となったことをきっかけに「千甕」の雅号を自ら名づけ、日本画などは「せんよう」、俳画や挿絵の画家としては「ちかめ」の名で活動します。
明治の末、28歳の千甕は東京へ引越し、夏目漱石らも参加した『ホトトギス』をはじめ雑誌に挿絵・漫画を発表して人気を博します。さらに1913年(大正2年)にはヨーロッパへ渡り、安井曾太郎らとともに印象派の巨匠・ルノワールの下を訪ね交遊を持ちました。
帰国後は日本美術院へ出品し、本格的な日本画家として活躍。晩年には少年時代に憧れた富岡鉄斎を思わせるダイナミックな筆遣いの南画(文人画)で愛されました。

今期の展覧会では、千甕の初期から晩年に至る仏画・洋画・漫画・日本画約140点を中心に、スケッチブックや工芸品などの関連資料を一堂に展示します。また、千甕の故郷・京都での展示ということで、新発見作品「朝霧の霞」を京都限定で特別展示します。
ジャンルを問わず縦横無尽に活躍した小川千甕の芸術を、この機会にご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】(1)レクチャー「よくわかる小川千甕入門」

日時:2015年12月12日(土)10:00~12:00
講師:植田彩芳子氏(京都文化博物館学芸員)
会場:京都文化博物館3階フィルムシアター
定員:170名(要申込/先着順受付)
料金:無料(ただし、展覧会の入場券(半券可)が必要です)

《申込方法》
往復はがきに住所・氏名(往復はがきは返信面にも)・電話番号・参加希望イベント名と番号(1)を明記し、
京都文化博物館「小川千甕関連イベント係」までお送りください。
またはホームページの申込ページからお申込ください。

【関連イベント】(2)特別講演会「小川千甕の魅力」

日時:2016年1月9日(土)10:30~12:00
講師:島田泰寛氏(美術史家/前神戸市立小磯記念美術館館長)
会場京都文化博物館3階フィルムシアター
定員:170名(要申込/先着順受付)
料金:無料(ただし、展覧会の入場券(半券可)が必要です)

《申込方法》
往復はがきに住所・氏名(往復はがきは返信面にも)・電話番号・参加希望イベント名と番号(2)を明記し、
京都文化博物館「小川千甕関連イベント係」までお送りください。
またはホームページの申込ページからお申込ください。

【関連イベント】学芸員によるギャラリートーク

日時:2015年12月18日(金)・19日(土)、2016年1月16日(土)・22日(金)・23日(土)
   金曜日は18:00~/土曜日は14:00~
会場:京都文化博物館 展示室内
料金:無料

※こちらのイベントは事前申込不要です。
※当時の入場者の方のみ参加可能です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗