1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 浮世絵 にゃんとも猫だらけ展 -歌川国芳を中心に-

浮世絵 にゃんとも猫だらけ展 -歌川国芳を中心に-

2010/06/16 ~ 2010/07/11


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

歌川国芳『鼠よけの猫』


動物の中でも最も人と寝食を同じくする猫。
人に馴れ易いこともあり、ペットとして愛玩されるのはもちろん、かつては国の盗人にも例えられる鼠退治のために飼われ、一家に一匹の必需品のように親しまれてきました。

しかも、
「黒より黒き毛に雪より白きぶち猫、燃え立つ緋縮緬の首玉かけしを美しき娘抱きたるは、牡丹に蝶のとまりたるがごとし」(「黒より黒い毛、雪よりも白いぶち猫、美しい娘が抱いた鮮やかな赤い色の縮緬の首輪をかけた猫などは、牡丹に蝶がとまっているようだ。」/『猫の草紙』初編より)
といわれ、
「されば猫好きは多く、嫌いはすくなきものぞかし」(「であるので、猫好きは多く、嫌いな者は少ない。」)
とまで評されるなど、昔から日本の人々の猫好きはかなりのものであったようです。
江戸時代に描かれた浮世絵の美人画には、赤い縮緬で作った首玉(首輪)と鈴を与えられ、可愛がられている猫の姿が多く見ることができます。

しかし、浮世絵に登場する猫はそうした可愛がられるだけの猫ではありません。
猫は人の生活に近かったため、度々擬人化されたり、時には人気役者の似顔で人間らしく振舞ったり、年を経て不思議な力を得た魔物や化け猫としても登場したりしていました。


こうした猫たちを最も描いていたのが、自身も愛猫家として知られる浮世絵師・歌川国芳でした。国芳は自宅に常に数匹~十数匹もの猫を飼い、時には懐に猫を抱えたまま絵を描いたりもしていたといいます。

展覧会では、その歌川国芳を中心に、身近な隣人である猫を扱った浮世絵版画、約120点を一堂に展示いたします。
浮世絵好きにも、猫好きにも楽しめる内容の展覧会です。江戸の人々と猫との楽しく愉快な暮らしぶりと、その内にある猫のミステリアスな本性にも触れてみてください。

※会期中、一部展示替される作品がございます。

CHECK POINT

関連イベント:ギャラリートーク

今回の展示を監修している平木浮世絵美術館の学芸員さんが、展示作品を前に解説をして下さいます。

日時:2010年6月27日(日) 11:00~、14:00~(各回40分程度予定)
講師:森山 悦乃 氏(平木浮世絵美術館学芸員)
会場:美術館「えき」KYOTO
※参加無料、事前の申し込みは不要です。(ただし、美術館への入館券が必要です)
※混雑した場合は、入場制限を行う場合がございます。
※やむを得ない事情により、出演者・内容が変更または中止になる場合がございます。予めご了承下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗