1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 野村美術館
  5. 平成22年 春季特別展 野村得庵と近代の数寄者

平成22年 春季特別展 野村得庵と近代の数寄者

2010/03/06 ~ 2010/06/06


【野村美術館】

野村美術館








重要文化財
宗峰妙超筆『白雲偈頌』(鎌倉~南北朝時代)

(昭和北野大茶湯で使用)



大名物 上杉瓢箪茶入(南宋時代)

(昭和北野大茶湯で使用)



野村財閥の創業者、野村得庵は、茶の湯を愛好する数寄者であり美術品収集家でもありました。

得庵は、茶会の記録「茶会記」を克明に記しています。
今回の展覧会では、その得庵の茶会記にもとづいた展示を行います。大正12年、碧雲荘にて開催された高橋箒庵等招待茶会や、大正14年に光悦寺にて開催された光悦会など、六つの茶会を
前期と後期の二期で三会分ずつ、おのおのの茶会で得庵が実際に用いた道具組を展示し、茶会の雰囲気を再現。
「近代の数寄者」としての得庵像を浮き彫りにします。


 【前期展示 3月6日(土)~4月18日(日)】 
1.昭和北野大茶湯(昭和11年、碧雲荘)
2.光悦会(大正14年、光悦寺)
3.南遊記念茶会(大正12年、碧雲荘)

【後期展示 4月20日(火)~6月6日(日)】
1.還暦茶会(昭和13年、碧雲荘)
2.高橋箒庵等招待茶会(大正12年、碧雲荘)
3.第170回篠園会茶会(大正13年、場所不明)

※期間中、地階展示室では館蔵品展「京焼展(3月6日~4月18日)」「茶の湯の釜展(5月18日~6月6日)」を同時開催しています。
 (4月18日は16:00まで/3月26日、4月14日、5月26日は地階展示室は休室)

※下の画像は 『練上志野茶碗 銘 猛虎』(昭和13年 還暦茶会で使用)
CHECK POINT

嘗ての名茶会が、道具を通して蘇る。

「茶会記」とは、茶会の日時や場所、使用した道具や参加者、出された料理の献立などを記した記録。単に事実を書き並べただけのそっけないものもあれば、その際のお花の飾り方やお手前の様子、参加者の言動や感想などまで細かく記録したものもあるそうです。

茶会記の面白さのひとつは、それを使えば嘗て行われた茶会を再現することができること。
嘗ての名茶会の雰囲気や、道具一つ一つに込められた意味・意図、主催者や参加した人々の思いなどを、展示を通して味わってみては如何でしょうか。

【光悦会】
光悦会とは、毎年11月、洛北・鷹峰にある光悦寺で開催されている京都を代表する茶会。
琳派の祖でもある本阿弥光悦を偲び、大正4年から開催されているもので、東京の大師会と並んで近代数寄者の二大茶会のひとつに数えられています。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗