1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 生誕120年 野島康三展 ―ある写真家が見た近代―

生誕120年 野島康三展 ―ある写真家が見た近代―

2009/07/28 ~ 2009/08/23


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

野島康三は、大正期から昭和初期にかけて活躍した、日本近代写真史において最も重要な写真家の一人です。
絵画主義の影響を色濃く残す「芸術写真」の隆盛期に写真を始めた彼は、優れた技術と繊細な感覚に裏付けられた、濃密で重厚な作品を制作しました。

その後、ドイツ新興写真に触発されると、その作風は1930年代には大胆なトリミングを駆使したものへと大きく変化し、写真独自の表現を追及していきます。
特に、彼が資金の大半を負担して写真家の中山岩太・木村伊兵衛とともに創刊した写真雑誌『光画』は、海外の主要な写真論の紹介と共に若い世代の写真家たちに発表の場を提供し、その後の新興写真の展開にきわめて重要な役割を果たしました。

その一方で、野島は私財を投じて東京・神田神保町に開設した画廊「兜屋畫堂」や自邸のサロンで、梅原龍三郎・岸田劉生など、大正時代を代表する作家集団・白樺派を中心とする気鋭の美術家たちによる展覧会を開催し、その活動を経済的にも精神的にも支援しました。
また、同じ時代の美術の擁護者として、彼は美術雑誌や作品集に掲載するための美術作品撮影の仕事にも携わっています。
 

生誕120年を記念して開催されるこの展覧会では、野島の代表的な写真作品と共に、彼の美術作品撮影の仕事に注目します。

京都国立近代美術館が所蔵する野島作品を中心に、彫刻家・中原悌二郎や陶芸家・富本憲吉との共同作業による作品集(『中原悌二郎作品集(1921)』『富本憲吉模様集(1924-27)』)からの作品写真や二人の実作品といった関係資料を加えた約200点を展示し、彼の作品世界と美術擁護者としての活動を紹介。
野島康三という一人の写真家のまなざしの変遷を追いながら、その業績と1920-30年代の日本人の「近代の視覚」が生まれる過程を捉えなおします。


CHECK POINT

写真家としてのまなざしと、美術擁護者としてのまなざしの変遷

野島康三がその運動の中心的役割を果たしていた、「新興写真」。
それまでの写真は、遠近感を表現するために手前に物を配置する、など絵と同じ表現の仕方を基準とする考え方が主流でした。それに対し、新興写真は「写真にしか出来ない表現の仕方をしよう」という考え方がベースとなっています。
かつては重厚で絵画的な作品が多かった野島は、新興写真に触れて以降、ストレートで存在感溢れる表現の作品を多く制作するようになりました。特に、ポートレイトやヌードなどの人物写真に長け、日本において体系的に女性の姿を撮影した作品を残した最初の作家として、後の写真家たちに大いに影響を与えています。

また、野島は同時代に美術に携わるものとして、積極的に他の作家の活動支援を行いました。
彼が支援した作家と関わりの深い白樺派もそうですが、当時は異なるジャンルに属する人々が積極的に互いに干渉し、影響しあう傾向がありました。
カメラ、絵筆、文章…どれを用いたとしても、それは「美術」「芸術」であることにはかわりない、という普遍的な概念としての「芸術」観が育っていった時代であった、ということをうかがわせます。
ある種、いまでいう作家同士のコラボレーションのはしり、ともいえるのかもしれません。

写真家として、そして美術擁護者として。
それぞれの立場における、彼が被写体へ向けるまなざしの変遷に注目してみるのは如何でしょうか。

関連イベント:講演会・作品解説・ワークショップ

【講演会】
1)「『富本憲吉模様集』について」  講師:土田眞紀(美術史家)
  日時:8月8日(土) 14:00~15:30(当日11時から整理券配布)
  場所:1F 講演室
  参加費:無料(先着100名)

2)「野島康三と『光画』」 講師:金子隆一(東京都写真美術館専門調査員)
  日時:8月22日(土) 14:00~15:30(当日11時から整理券配布)
  場所:1F 講演室
  参加費:無料(先着100名)

【作品解説】
講師:林 直(京都国立近代美術館・客員研究員)
日時:8月6日(木) 14:00~15:00(当日11時から整理券配布)
場所:1F 講演室



【ワークショップ】
野島康三が制作に用いた手法を実際に体験できるワークショップが開催されます。

京都造形芸術大学 一般公開講座 募集講座/芸術と文化のワークショップ
「ブロムオイルプリント~ピクトリアリズム(絵画主義写真)体験講座~」
8月21日(金)~8月23日(日) 全3回
京都国立近代美術館・京都造形芸術大学
受講料:10,000円(全3回分 印画紙・薬品代含む)、先着30名
主催:京都造形芸術大学、京都国立近代美術館
お問い合わせ・お申込先:京都造形芸術大学 瓜生山エクステンションセンター
<電話>075-791-9124  <ホームページ>http://www.kyoto-art.ac.jp/general/

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗