1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ

記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ

2020/01/04 ~ 2020/02/16


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

イタリア現代陶芸を代表する作家ニーノ・カルーソ(1928-2017)の、没後世界初となる回顧展です。

ニーノ・カルーソはイタリアを拠点に世界で活躍し、その知性と造形性が高く評価されたイタリア現代陶芸の巨匠です。
カルーソは、神話性と象徴性を制作におけるテーマの一つとしていました。初期はそれらを自己の故郷の記憶と結び付けた装飾的な器物を制作していましたが、次第に古代ローマやギリシャ、エトルリアの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かいます。特に1960年代中頃以降に手掛けた、発泡スチロールをカットしたものを原型に制作した作品群は、空間に特有のリズムを与えるもので、陶芸界における革新的な手法として世界中で高い評価を獲得しました。

カルーソと日本の関わりは深いものがあり、京都国立近代美術館では「現代国際陶芸展」(1964)「現代の陶芸-ヨーロッパと日本」(1970)「現代イタリア陶芸の4巨匠」(1988)など、折に触れてカルーソの作品を紹介してきました。また、カルーソは滋賀県立陶芸の森の野外モニュメント《風と星》(1991)のデザインや、岐阜県で開催される国際陶磁器展美濃で審査員を歴任しています。

今回の展覧会では、ニーノ・カルーソの初期から晩年に至る偉業を92点の代表作のほか、数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じてご紹介します。技術や素材、アイデア、記憶、空間が有機的に結びついたカルーソの造形世界を、この機会にご高覧ください。

【作品画像】
(1) ニーノ・カルーソ《鷺》1958年
(2) ニーノ・カルーソ 《アーキスカルプチャー(セジェスタ)》 1988-91年
(3) ニーノ・カルーソ《エトルリア人》1985年
(4) ニーノ・カルーソ《シチリアの記憶》1999-2004年


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「父 ニーノ・カルーソ」

日時:2020年1月11日(土)14:00~15:30
講師:アンドレア・カルーソ(彫刻家)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券は別途必要です)
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
※当日11:00より1階受付にて整理券を配布します(一人1枚のみ/定員に達し次第終了)
※講演は通訳付きです

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2020年1月24日、2月7日(金)18:00~19:00
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券は別途必要です)
定員:各日20名(先着順受付)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗