1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 日本画にみる 「さくら」展 -横山大観から中島千波まで-

日本画にみる 「さくら」展 -横山大観から中島千波まで-

2014/04/03 ~ 2014/04/22


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

約40名の日本画家たちが描いた「さくら」を一堂に展覧!

桜は、日本人がこよなく愛する花として古来より、古今和歌集以後多くの歌にも詠まれ、またその可憐な色合いや形から、着物や調度品など様々な工芸意匠に取り入れられてきました。
桜の開花時期は、日本の風景が一年で一番美しく、心楽しい季節となります。また、開花に限らず散って行く時の儚さや潔さも諸行無常の思想と重なり、人生を投影する対象となりました。
春の訪れを告げる「桜の開花情報」を日本中の人々が待ちわびる思いは、私たち日本人が長きにわたり育み受け継いできた感性の豊かさの証といえるでしょう。

今回の展覧会では、横山大観、川合玉堂、菱田春草、上村松園、小野竹喬、堂本印象、福田平八郎、池田遙邨、伊東深水、東山魁夷、加山又造、上村淳之、中島千波など、約40名の日本画家たちが描いた「さくら」の名品、約55点を一堂に展覧します。
日本人独自の桜に対する豊かな感性と美意識を改めて見つめ直すとともに、画家たちの多彩な表現と『さくら』への想いをご堪能ください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

【1】4月 3日(木) 11:00~/14:00~(各回約30分)栗林 陵氏(水野美術館学芸員)
【2】4月13日(日) 11:00~/14:00~(各回約30分)山田由希代氏(京都府立堂本印象美術館主任学芸員)

会場:美術館「えき」KYOTO 館内

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申込み不要。ご参加は無料ですが美術館入館券は必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗