1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 小倉百人一首殿堂 時雨殿
  5. 京都の日本画とかな書による百人一首屏風展-日比野光鳳と上村淳之 監修

京都の日本画とかな書による百人一首屏風展-日比野光鳳と上村淳之 監修

2015/04/08 ~ 2015/06/21


【小倉百人一首殿堂 時雨殿】

小倉百人一首殿堂 時雨殿

日本を代表する芸術家である、日比野光鳳氏(書家)と上村淳之氏(日本画家)のコラボレーションが織り成す屏風の美。
今回は、それぞれの協力者とともに制作した百人一首の扇面書画屏風の完成を記念した展示会となります。情緒あふれる新しい百人一首の世界をぜひご堪能ください。
 

日比野光鳳(ひびの・こうほう)

書家・日比野五鳳の子として京都市に生まれる。幼い頃より書に親しむ。1992年京都府文化賞功労賞。日展総理大臣賞受賞後、1999年日本芸術院賞を受賞、読売書法会常任総務。2002年花園大学文学部客員教授。2004年旭日小授章受章。京都書作家協会会長、のち顧問、水穂会会長、全日本書道連盟顧問。2008年父に続き親子2代で日本芸術院会員に選ばれる。2011年文化功労者。
 

上村淳之(うえむら・あつし)

日本画家、公益財団法人松伯美術館館長
1933年京都市に生まれる。京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)専攻科修了。1992年京都府文化賞功労賞。日本芸術院賞。元京都市立芸術大学名誉教授・副学長。創画会員、日本芸術院会員、京都市学校歴史博物館館長。2013年文化功労者。


CHECK POINT

【特別展示】京都府所蔵 日本画コレクション

会期中、併設展として京都府が所蔵する多彩な日本画作品から、京都画壇の大家が手がけた作品を特別展示します。
山口華楊、秋野不矩、上村松篁、小野竹喬など、京都ゆかりの作家による作品をお楽しみください。

※前期・後期で作品の入れ替えがございます。詳細はホームページなどでご確認ください。
【前期】4月8日(水)~5月17日(日)/【後期】5月19日(火)~6月21日(日)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗