1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 「日本画 NIHONGA」展

「日本画 NIHONGA」展

2009/10/02 ~ 2009/11/15


【京都文化博物館】

京都文化博物館


1985年4月17日、フランス・パリのパピヨン・デ・ザールにて開催され、シラク市長(当時)をはじめ多くの来賓の出席を頂いた「現代日本画」展。

この展覧会は、共に「日本文化の発祥の地」京都に本社を置く株式会社ワコールと京セラ株式会社によって共同開催されたもので、当時の日本画壇における巨匠から、新進気鋭の画家まで幅広く選ばれた48名の作家に制作を依頼し、その作品によって伝統的美意識に培われた日本独自の美術を欧米に紹介しよう、というねらいがありました。

当時、日本は戦争による荒廃から復興をとげ、国際的な役割も年々重みを増す一方で、諸外国との間で経済摩擦を引き起こすなど、様々な問題も山積している状況にありました。また、国際的に経済力や科学技術といった面では注目されていても、文化・民族性の観点においては十分な理解が得られていない、というのが実情でした。







このことを憂えたワコールの塚本幸一社長(当時)が日本文化を世界に発信し、国際的な芸術・文化交流と相互理解の促進に繋げよう、と日本画の展覧会を開催することを思い立ち、これに京セラの稲盛和夫社長(当時)が共鳴したことで、「現代日本画」展が実現することとなったのです。

「現代日本画」展は、パリでの開催の後、ロンドン、ストックホルム、バルセロナ、バンクーバー、ロサンゼルスなど2年間に渡り世界五カ国七都市を巡回。当時の現代日本画壇の最高峰から新進気鋭の画家までの作品が一堂に会した前例のない画期的なこの展覧会は、11万人を超える来観者を迎え、国際交流において大きな成功を収めました。

2009年は、ワコールが創立60周年、京セラが創立50周年にあたります。その記念事業として開催される今回の「日本画」展では、24年前の「現代日本画展」に出展された作品のうち、現在も両社が保管している45名の作品を再び展示。
戦後日本画壇を代表する45名の巨匠による珠玉の作品が、再び会派の枠を超えて一同に会します。


CHECK POINT

今だからこそ、見る価値がある。24年前の名展覧会が復活。

24年前に欧米を巡回した際、来観者からは日本画の絵具の美しさや、作品の多くが深い静寂に包まれていることなど、日本画の表現に対する素直な驚きの声と共に、全く装飾的であるとか西洋の絵画とどこが違うのか、という声もあり、様々な評価があったといいます。 しかし、日本人の愛する「日本画(NIHONGA)」というジャンルの存在を広く知らしめたという意義は大いにあったといえるでしょう。 21世紀の現在、世界と日本の交流の機会もより一層増え、グローバル化が急速に進展し、新しい文化も数多く創造されるなど、社会の形は当時とはかなり変化しています。 しかし、一方で改めて日本文化の本質や美意識とはなにか、問い直されてもいます。 主な出展作家には、池田遙邨、上村松篁、上村淳之、片岡球子、加山又造、小松均、後藤純男、林功、東山魁夷、平山郁夫…と日本画壇を代表する超有名作家の名前がずらり。 24年前の展覧会で、世界に発信された「日本文化」を現代で再び。 今だからこそ、見る価値がある展覧会といえるかもしれません。


講演会&ギャラリートーク

展覧会の開催に併せて、講演会とギャラリートークイベントが開催されます。 24年前の展覧会に参加された作家が講師を担当。直接お話を伺える貴重な機会です。 【講演会】 「現代日本画」展の思い出 講師:畠中光享 日時:10月10日(土) 11:00~12:00 場所:3階 映像ホール 定員:100名(事前申込制/先着順) ※ 事前申し込み制、先着順での受付です。電話・FAX・Eメールにて、下記までご連絡下さい。 TEL:075-321-5349/FAX:075-321-9620/Eメール:ri-oomae@wacoal.co.jp 【ギャラリートーク】 1)10月14日(水) 14:00~ 講師:上村 淳之 2)10月28日(水) 14:00~ 講師:竹内 浩一 ※ 事前申し込みは不要です。 ※ 参加は当日の入場者に限ります。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗