1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 日本の色、四季の彩 染色家 吉岡幸雄展

日本の色、四季の彩 染色家 吉岡幸雄展

2015/01/02 ~ 2015/01/18


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

染色家・吉岡幸雄(よしおか・さちお)氏は、京都で江戸時代から続く染屋「染司よしおか」の五代目。
日本に古くから伝わる植物染を専門とし、奈良の東大寺や薬師寺、京都の石清水八幡宮など古社寺の伝統的な行事にも従事し、日本の伝統色や伎楽衣裳などを古来から伝わる方法に沿って再現するなど、伝統文化保存、修復・普及活動を精力的に行っています。

今回の展覧会では、春夏秋冬の移りかわる季節を表現した作品や古社寺に収めた和紙の造り花や伎楽の衣裳、染布などの作品を、日本の節句をテーマにご紹介します。
暦を刻むように一年を彩る日本の色を生み出す吉岡氏の世界をお楽しみください。
 

吉岡 幸雄

1946年京都生まれ。京都「染司よしおか」五代当主。植物から色を汲み出す「植物染め」による日本伝統色の再現に取り組む染色家。生家は江戸時代から続く染屋で、父・常雄氏は貝紫をはじめとする世界の染色文化の研究者として知られる。1973年美術工芸図書出版「紫紅社」を設立。近年では成田空港到着ロビーのアートディレクション(2008年グッドデザイン賞受賞)や、店舗装飾を行うほか、国内外で展覧会や講演を開催。また、ドキュメンタリー映画『紫』(2011年)が全国で上映されるなど、染を通してさまざまな分野で精力的に活動している。2009年京都府文化賞功労賞受賞、2010年菊池寛賞受賞、2012年NHK放送文化賞受賞。


CHECK POINT

【関連イベント】吉岡幸雄氏ギャラリー・トーク

吉岡幸雄氏自らが展覧会会場にて作品解説などを行います。

日時:2015年1月2日(金)~4日(日)、10日(土)~12日(月・祝)各日11:00~(計6回開催)
会場:美術館「えき」KYOTO
※マイクを使用し、館内を移動しながら解説致します。
※事前申込不要、参加無料(ただし、美術館への入館券が必要です)
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※やむを得ずイベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

【関連イベント】吉岡幸雄氏トークショー&ドキュメンタリー映画『紫』上映

吉岡幸雄氏の仕事を記録した2011年制作の映画『紫』を上映。
あわせて、ゲストを交えてのトークショーを行います。

日時:2015年1月10日(土)開場15:00~/開演15:30~
会場:キャンパスプラザ京都
   京都市下京区西洞院通塩小路下る(京都駅ビル駐車場西側)
  【JR】「京都」駅下車、徒歩約5分
定員:250名(自由席)
料金:1,000円(税込/展覧会入館券付)
ゲスト:森本公穣氏(東大寺塔頭清涼院住職)、川瀬美香氏(映画『紫』監督・撮影)

※通常のチケットとは異なります。チケットは美術館「えき」KYOTO、またはローソン店舗のLOPPI(Lコード:51760)にてお求めください。
※参加は小学生以上の方に限らせていただきます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗