1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 「立正安国論」奏進750年記念『日蓮と法華の名宝-華ひらく京都町衆文化-』

「立正安国論」奏進750年記念『日蓮と法華の名宝-華ひらく京都町衆文化-』

2009/10/10 ~ 2009/11/23


【京都国立博物館】

京都国立博物館

 

文応元年(1260)、39歳の日蓮は、度重なる災難と国家の危機を憂い、『立正安国論』を著し鎌倉幕府前執権の北条時頼に献じました。2009年は、それから750年目の節目の年にあたります。
この展覧会はそれを記念して開催されるもので、『立正安国論』を軸に、京都十六本山を中心とした諸寺に伝来する多くの宝物を一堂に展示。鎌倉新仏教の一翼を担った日蓮の足跡 を辿ると共に、その門下の活躍、特に孫弟子にあたる日像の京都布教以降に公家文化と並ぶ京都の町衆文化の形成に果たした日蓮諸宗の大きな役割を紹介します。

日像は三度の京都追放にもめげず、京都に法華宗の基盤を確立した人物。
法華信仰は室町時代を通じて広がり、京都は「題目の巷(ちまた)」と称されるほどの法華宗の一大拠点になりました。
そこで中心的な存在を担っていたのが、京都の町衆たちでした。

 


町衆が京都の近世文化において大きな役割を果たしたことは知られています。しかし、名だたる近世の芸術家たちの多くが法華の信者であったということは、意外と知られていません。
狩野元信、長谷川等伯、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山…
こうした近世日本美術の潮流を築いた京都の芸術家たちが、皆法華の信者だったということは驚くべきことではないでしょうか。
狩野派や長谷川派、そして琳派…こういった諸派は、法華の教えを媒介とした京都の町衆の濃密な人間関係から形成された、ともいえます。

展覧会では、法華信仰の遺品に併せて、これら近世の日本美術の名家による優品、事前調査から見つかった多くの新発見・初公開作品を展示・公開。
日蓮諸宗と京都の町衆文化の関係性という今までにない切り口から京都の文化の奥深さを再確認します。

 


CHECK POINT

事前調査で発見、「初公開作品」も多数。京都だけのこの機会をお見逃しなく。

今回のように、日蓮諸宗と京都の町衆文化との関連性という点にスポットを当てた趣旨の展覧会はあまり例がなかったということもあり、開催にあたっては十六本山の寺院を中心とした事前調査が行われました。これにより、重要文化財級のものを含む多くの新発見がありました。
例えば、『弥勒下生変相図』(写真)は高麗仏画の中でも屈指の技量を誇り、また現在制作された年代が判明している高麗仏画のなかでも3番目に古い作品です。また、銘文からは今まで知られていなかった高麗王朝の宮廷画家の名前が見つかるなど、美術史に残る新発見です。
また、この機会に今まで寺宝として厳重に守られ他見することが難しかったような貴重な品が多数初公開される他、誰もが一度は目にしたことがありそうな有名作品も併せて展示されます。

その上、この展覧会は他館の巡回予定が無いため、今回の京都のみでの開催。
京都でしか見られない、貴重な作品との出会いの機会をお見逃しなく!

関連イベント

【国際シンポジウム】
日本を始め、フランスやアメリカなどからの研究者が自らの研究を発表。
研究発表の後にはパネルディスカッションも開催されます。
※京都国立博物館内での開催ではございませんので、ご注意下さい。

・ 「法華の人と文化-その行動と思想-」
日時:11月14日(土) 13:00~17:00
会場:京都市勧業館 みやこめっせ
    地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
    JR京都駅より市バス5、100系統にて 「京都会館・美術館前」、または206系統にて 「東山二条」下車
参加費:無料(事前申し込み制)
※往復はがきに住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記し、下記まで郵送にてお申し込み下さい。
宛先:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館「国際シンポジウム」係

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗