1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. 日独交流150周年マンガイベント「13人のドイツ・コミック作家展―オルタナティブからMANGAまで」

日独交流150周年マンガイベント「13人のドイツ・コミック作家展―オルタナティブからMANGAまで」

2011/09/10 ~ 2011/10/16


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム



この度、京都国際マンガミュージアムは、Goethe-Institut(ドイツ文化センター)と共催で、日本とドイツの交流150周年を記念して「日独交流150周年マンガイベント」を下記の通り開催します。

このマンガイベントは展覧会「13人のドイツ・コミック作家展―オルタナティブからMANGAまで」とワークショップ「日マン独」という2つの催しで構成されています。

展覧会では、近年国際的に関心が高まる、ドイツ・コミックスの作家13人を取り上げています。
ドイツ・コミックの開拓者となった前衛コミック作家の世代と新たな芸術的・物語的試みを導入している若い作家世代の2世代を、作品を通してご紹介します。




ワークショップでは、ドイツのコミック作家と日本のマンガ家が、日本語訳と共にギャラリートーク座談会を行い、また観覧者も参加して作品を作る参加型ワークショップも実施します。

ドイツには豊かなコミック文化の歴史があるにも関わらず、近年までコミック界であまり注目を集めてきませんでした。この展示は2010年夏から、世界各地のGoethe-Institut(ゲーテ・インスティトゥート)を巡回しているワールドツアーの京都展にあたるものです。展示、ワークショップ共に日本初上陸イベントとなります。


CHECK POINT

【関連イベント】 ワークショップイベント 日マン独



ドイツ・コミック作家2名(ディルク・シュヴィーガー氏、クリスティーナ・プラカ氏)と日本人マンガ家1名(松岡和佳氏)が京都で一堂に会し、13人のドイツ・コミック作家展のギャラリートークや、日本とドイツのマンガ比較の座談会を行います。
また、あらかじめ募集した一般観覧者も参加してひとつの作品を作り上げる、全員参加型ワークショップも併せて実施します。

「日マン独」とは?

 
「ニチ=日本」「マン=マンガ」「ドク=ドイツ(独)」をつないでつくった新語。
2011年の1月よりスタートした企画で、自国と相手国の文化イメージを考え、さらには過去150周年間にわたる日独の関係について知っていること、知らないことをテーマに日本人のマンガ家と、ドイツのコミック・アーティスト(1~5 月シュヴィーガー氏、6~9月プラカ氏)が6ヶ月間・週一回ペースでマンガでやり取りを行うもの。お互いについての前知識はなく、毎週サイトにアップするマンガ作品だけでコミュニケートする。
過去の作品はこちらで見られます!( http://www.nichimandoku.jp )

日時:2011年10月2日(日) 13:00~17:30(予定)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー6
料金:無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
定員:20名

参加申し込み方法


「日マン独参加申込フォーム」( http://www.kyotomm.jp/event/jd150form.php)または
FAX(075-254-7424)にて、
件名に「"日マン独"参加希望」と明記の上、
(1)氏名(2)性別(3)年齢(4)連絡先(メールアドレスもしくは電話番号)
を記入の上、お送りください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗