1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 開館20周年記念「終わりなき創造の旅 ―絵画の名品より」

開館20周年記念「終わりなき創造の旅 ―絵画の名品より」

2016/03/19 ~ 2016/06/05


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

【作品画像】
(1)アメデオ・モディリアーニ《少女の肖像》1918年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
(2)パウル・クレー《大聖堂(東方風の)》1932年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵


アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で20周年を迎えます。
開館20周年を記念する今回の展覧会では、「終わりなき創造の旅」をテーマに、古今の作家たちによってくり広げられてきた創造にまつわる「旅」に焦点をあて、美術館の館蔵品から厳選した名品を公開します。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とパブロ・ピカソ(1881-1973)にとって画家の原点であり、新たな旅立ちの時であった初期の貴重な作品をはじめ、ヨーロッパ各地を旅し、その印象を描きとめたクロード・モネ(1840-1926)やポール・シニャック(1863-1935)、マルク・シャガール(1887-1985)らの風景画や、制作の新たな展開を もとめて南米を旅した藤田嗣治(1886-1968)の人物画のほか、日本やアフリカ、オセアニアなど遠方の地からもたらされたものに創造の源泉を見いだした、エドガー・ドガ(1834-1917)、アメデオ・モディリアーニ(1884-1920)、オーギュスト・ルノワール(1841-1919)らの作品を展示します。

また、今回は東と西の文化的融合を説いた陶芸家 バーナード・リーチ(1887-1979)の水墨画、イギリスや沖縄など各地で陶技を学んだ濱田庄司(1894-1978)のやきもの、朝鮮古陶磁の研究家 浅川伯教(1884-1964)と思想家 柳宗悦(1889-1961)が朝鮮半島や日本各地で蒐集した工芸品もあわせて紹介し、創造をめぐるさまざまな旅に迫ります。

この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】アサヒ ラボ・ガーデン提携企画 レクチャー「終わりなき創造の旅 -作家たちのものがたり」

日時:2016年4月16日(土)14:00~15:00
会場:アサヒ ラボ・ガーデン
※JR「大阪」駅・各線「梅田」駅最寄
※アサヒビール大山崎山荘美術館での開催ではございませんので、ご注意ください。
講師:アサヒビール大山崎山荘美術館 学芸員
参加費:無料
定員:40名 (要申込/抽選)
※こちらの申込みは、アサヒ ラボ・ガーデンにお問い合わせください。
イベント詳細ページ

【関連イベント】ギャラリートーク

アサヒビール大山崎山荘美術館の学芸員が展示の見どころを解説します。

日時:会期中の毎月第2・第4土曜日(3月26日を除く)14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
料金:無料(美術館入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】開館記念日

開館記念日にあたる4月8日(金)には、来館者全員に記念品をプレゼントいたします。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗