1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 龍谷ミュージアム
  5. 極楽への誘い ―練り供養をめぐる美術―

極楽への誘い ―練り供養をめぐる美術―

2013/09/07 ~ 2013/10/20


【龍谷ミュージアム】

龍谷ミュージアム

【作品画像】
(1) 重要文化財 《阿弥陀二十五菩薩来迎図》 岡山・遍明院 ※展示期間 10/1~10/20
(2) 《菩薩面》 岡山・吉備津神社 ※通期展示
(3) 《阿弥陀三尊来迎図》 滋賀・光明寺 ※展示期間 9/7~9/29
(4) 《阿弥陀如来立像》 滋賀・正福寺 ※通期展示
(5) 《木造 迎講阿弥陀如来立像》(踟供養の様子) 岡山・弘法寺 ※通期展示(ただし、特別実演日(10/12)は除く)



「人がこの世を離れる時、極楽浄土から阿弥陀如来とその一行がお迎えに来て下さる」

この臨終観は、日本で平安時代中期より広く行き渡りました。
阿弥陀如来の来迎を願う強い思いは浄土教美術の源泉となり、その様子を実演によって表現することも行われました。
これが、迎講(むかえこう)、来迎会(らいごうえ)、練り供養(ねりくよう)などと称される行事で、現在も奈良県の當麻寺(たいまでら)や岡山県の弘法寺など各地で行われています。

この行事の背景には、多くの物語や仏像・仏画によって育まれ、表されてきたイメージがあります。
今回の展示では、練り供養で実際に使用された面や道具を紹介するほか、練り供養とも関わる仏像・仏画の優品などを紹介するとともに、練り供養行事がその世界をいかにして表現していったのか、全貌を明らかにします。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

※いずれも事前申込制です

「練り供養のなりたち」


日時:2013年9月14日(土)13:30~15:00
講師:關 信子 氏(本展監修・美術史家)
会場:龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール

「山陽の浄土教美術」


日時:2013年9月23日(月・祝)13:30~15:00
講師:中田 利枝子 氏 (岡山県立美術館学芸課長)
会場:龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール

■申込方法
(1)希望日と講演タイトル(2)お名前(ふりがな)(3)郵便番号・ご住所(4)電話番号(FAXでの申込の場合はFAX番号も)
以上を明記の上、往復はがき・FAX・メール・ミュージアム受付での直接申込のいずれかで
「極楽へのいざない展 イベント申込係」までお申し込みください。
※FAXの場合は送信FAX番号宛に、メールの場合は送信メールアドレス宛に、回答をお送りいたします。

【関連イベント】ギャラリーツアー

※申込不要
スタッフが展示作品の魅力を語ります。
日程:9月7日(土)、21日(土)、28日(土)、10月5日(土)
時間:14:00~15:00

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗