1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館・京都市立芸術大学芸術資料館合同展 “倣う”から“創る”へ ― 京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅱー

京都工芸繊維大学美術工芸資料館・京都市立芸術大学芸術資料館合同展 “倣う”から“創る”へ ― 京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅱー

2015/06/15 ~ 2015/07/31


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館

2011年度に京都市内の13大学14ミュージアムが連携して立ち上げた「京都・大学ミュージアム連携」。その活動の一環として、京都工芸繊維大学美術工芸資料館と京都市立芸術大学芸術資料館の合同企画として開催する展覧会です。

2014年に開催した「浅井忠・武田五一と神坂雪佳 ―京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅰ」では、京都高等工芸学校と京都市立美術工芸学校の2校の図案科の設立期に焦点をあて、両校の教育カリキュラムとその成果物である生徒作品を通して明治期の図案教育について比較しました。

第2回目となる今回は、両校の設立初期から明治後期・大正期に時代を移して、両校の生徒作品から当時の図案の変化に注目します。

京都市立美術工芸学校図案科は1907(明治40)年に京都御苑内の校舎から上京区吉田川端通荒神口上ル二筋目東入ルの新築校舎に移転し、また1909(明治42)年には美術工芸学校の一部を使用して京都市立絵画専門学校を開校。京都府画学校に端を発する美術工芸学校は、高度な描画技術とそれに裏付けられた図案制作技術の習得を目指した指導を継続していました。

一方、京都高等工芸学校図案科では、初代教授の浅井忠が1907(明治40)年に死去し、その後は建築家の武田五一と同じく建築家の本野精吾を中心として、図案制作に関わる知識や技術を「図案学」というひとつの領域として構築することを目指した教育を行っていました。

当時は、実社会においても公共機関が主催する図案公募展や百貨店を中心とした企業が企画する図案懸賞などが増加し、図案がひとつの分野として確立されていった時期です。そうした時代の中で、社会の要請に応える人材を育成するために行われていた図案教育。その成果の一側面をご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】シンポジウム

日時:2015年6月20日(土)13:30~16:30
会場:京都工芸繊維大学60周年記念館
※入場無料・申込不要

《プログラム》
13:30 ご挨拶
13:40~14:10 基調講演:佐藤道信(東京芸術大学 教授)
14:15~14:35 講演Ⅰ:松尾芳樹(京都市立芸術大学芸術資料館 学芸員)
14:40~15:00 講演Ⅱ:岡達也(展覧会企画担当)
15:05~15:25 講演Ⅲ:佐藤敬二(京都精華大学デザイン学部教授)
15:40~16:30 ディスカッション 司会:並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 館長)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗