1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展

ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展

2010/10/09 ~ 2010/12/05


【高麗美術館】

高麗美術館



イタリアを代表する美術館のひとつである、ナポリ・カポディモンテ美術館。
その所蔵する名品によって、ルネサンスからバロックまでのイタリア美術を概観します。

南イタリア・ナポリにあるカポディモンテ美術館は、1738年に建てられた宮殿を利用した美術館。
そのコレクションは、イタリアの名門貴族・ファルネーゼ家と、その財産を受け継いだブルボン家による収集品が主体となっています。宮殿自体も、その美術品を収集・展示するために建てられたものです。

ファルネーゼ家は、メディチ家やエステ家と並ぶ、ルネサンスからバロック時代を代表する貴族でした。彼らは過去作品の収集のほか、同時代の芸術家にも積極的に作品を注文し、優れたパトロンとして当時の美術のけん引役を担っていました。

その後、遺産相続によってファルネーゼ家の財産を受け継いだブルボン家も、自らが統治するナポリの美術を中心に収集し、芸術の保護に力を注ぎました。




展示される作品は主に、ファルネーゼ家が収集したルネサンスおよびバロック美術の作品と、ブルボン家が蒐集したナポリ・バロック美術の作品です。
パルミジャニーノ《貴婦人の肖像(アンテア)》、ティツィアーノ《マグダラのマリア》、グイド・レーニ《アタランテとヒッポメネス》、ジェンティレスキ《ユディ
トとホロフェルネス》といった、至極の名品を含む80点が並びます。

芸術の庇護者であった大貴族が、どのような鑑識眼で美術品を収集し、そして宮殿に飾ったのか。
そして、イタリアの大美術館がどのように出来上がったのか。
展示を通して、宮廷の貴族達と美術品の関係にも、思いを馳せてみて下さい。

CHECK POINT

関連イベント ギャラリートーク

日時:10月22日(金)、11月12日(金)、11月19日(金) 各日18:00~(約30分)
場所:「ナポリ・カポディモンテ美術館展」展示室内
※事前のお申し込みは不要です。参加は当日の入場者に限ります。

カポディモンテ美術館とナポリの美術

カポディモンテ美術館とは


カポディモンテは「山の上」という意味を持ち、その名の通りナポリの町を見下ろす「カポディモンテの丘」の上にある、バロック・ロココ様式の宮殿を利用した美術館です。

元は1738年に、ブルボン家のカルロ7世(後のスペイン王カルロス3世)が、母エリザベッタ・ファルネーゼから受け継いだファルネーゼ家の膨大な美術品コレクションを収納・展示するために建てた宮殿でした。
宮殿に展示されたコレクションは、ナポリを訪れる多くの文化人が競って鑑賞に訪れ、その中にはイタリアをこよなく愛したドイツの文豪・ゲーテをはじめ、名だたる知識人や画家たちもいました。
その後様々な変遷を辿った後、国立美術館として一般公開されるようになり、現在に至ります。
コレクションは、ファルネーゼ家とブルボン家が収集したものを中核にしながら、その後も拡充を続けています。

ナポリの町とナポリ美術


南イタリアの中心都市・ナポリ。ギリシャの植民都市に起源を持ち、古くから地中海の貿易の重要拠点とされてきた歴史ある町です。
16世紀初頭からはスペインの統治下におかれますが、町にはローマやフィレンツェなどからヴァザーリなどマニエリスム画家(ルネサンス~バロックの過渡期)が訪れ、新しい芸術様式をナポリにもたらしました。
また、17世紀初頭にはバロックの代表的な画家のひとりであるカラヴァッジョも訪れ(当時は犯罪を犯して逃亡中の身でした)、作品の制作を行っています。彼の写実的な描き方やはっきりとした明暗の表現はナポリの芸術界に大きな影響を与え、彼に倣った表現の宗教画も多数描かれました。
その後もローマの進んだ様式を受け入れつつ、ナポリ絵画は成熟していきます。
そして17世紀の終わりにはイタリア・スペインの宮廷で活躍したナポリ出身の画家・ルカ=ジョルダーノにより、ヨーロッパ中に知られるまでになりました。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗