1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京セラ美術館
  5. ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~

ふるさとの詩 ~中村晋也、日本の心を刻む~

2010/09/17 ~ 2010/10/30


【京セラ美術館】

京セラ美術館


日本の彫刻界を代表する作家の一人・中村晋也氏。
深い精神性を持った作品で高い評価を受け、2007年には文化勲章を受章された現代具象彫刻の第一人者です。

中村氏はバチカン美術館に収蔵されたミゼレーレ・シリーズや奈良・薬師寺に奉納された釈迦十大弟子像などのように、高く厳しい精神性・思想性を表現した作品がひとつの到達点となっています。
しかし一方で、人間への暖かいまなざしと愛に満ちた、抒情あふれる作品も制作されています。





京セラ美術館での開催は2007年以来2度目となる今回の展覧会。
今回は中村氏のもう一つの作品世界、どこか懐かしく詩情豊かな作品群を中心に展示いたします
幼い少年や少女の姿に仮託して、多くの日本人の心の底に脈々と流れている日本的な心情、私たちの心にある原風景を形にした作品たち。故郷への愛着や幼い日々への郷愁、無垢なる物への憧憬など、日本人の心の原点とも言えるものを感じさせてくれます。きっと見る人の心を癒し、やさしさで満たしてくれるに違いありません。

またこれに併せて、昨年2009年に文豪・太宰治の生誕100年を記念して太宰の故郷・青森県五所川原市に建立された「太宰治」像や、今年2010年5月に開眼された喜光寺「仁王」像などの大作も展示いたします。

CHECK POINT

中村晋也氏 プロフィール




1926(大正15)年、三重県に生まれる。
1966 (昭和 41)年より1年間、フランスへ留学し、アペル・フェノサの元で彫刻を学ぶ。
1982 (昭和 57)年には「若き薩摩の群像」を鹿児島市鹿児島中央駅広場に建立。
1984 (昭和 59)年の第16回日展では「焦躁の旅路」にて文部大臣賞を、1988 (昭和63)年には「朝の祈り」(第19回日展出品作)により昭和62年度日本芸術院賞を受賞。
1989 (平成元)に日本芸術院会員に任命。
1996 (平成8)年にはパリ・三越エトワール美術館にて個展を開催したほか、バチカン美術館に作品「Miserere(ミゼレーレ)Ⅲ」が収蔵された。
2002 (平成14)年には文化功労者として顕彰される。
寺社にも作品を多く制作しており、
2003 (平成15)年に奈良市・薬師寺大講堂に「釈迦十大弟子」像を奉納、2007 (平成 19)年には大阪城豊国神社に「豊臣秀吉公」像を建立した。
このほか、薬師寺大講堂に「阿僧伽(アサンガ)菩薩」像、「伐蘇畔度(ヴァスバンドゥ)菩薩」像がある。
2007年に文化勲章を受章。
2009 (平成 21)年にはパリのユネスコ本部に「蝶の人」が収蔵された他、太宰治生誕100年記念である「太宰治」像を青森県五所川原市芦野公園に建立。
今年2010 (平成 22)年には奈良喜光寺に「仁王」像を建立し、5月に開眼供養が行われた。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗