1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 中川正子 個展「ダレオド」

中川正子 個展「ダレオド」

2018/03/02 ~ 2018/03/31


一貫して混沌とした世界の中から ひとつずつ光を選びとることをテーマに活動してきた写真家・中川正子による個展です。


「誰も見ていないみたいに、踊って」
あるとき見つけたこの言葉から、中川はひとつのイメージを育ててきました。
それは、のびやかに生き生きと踊り、歌い、愛し、生きる人の姿。 中川にとって、いつしかこの無心に「踊る」姿は、 あることの象徴として存在するようになりました。
世界で何が起ころうとも、大きな力が押し寄せようとも、 それらがつけ入る隙もないほどに、目の前にある確かな光に意識を集め それを手放さない。そんな生き方の、象徴として。 写真には、日々にこぼれる光とともに、踊る人の姿が写し出されています。

写真家の中川が踊るように生きるために選んだ手段は、シャッターを切ることでした。
そうして集めた光のひとつひとつは、はかなく微弱かもしれません。 しかしそれぞれが集めた光の束はいつか世界を明るく照らして行く、 という強い祈りにも似た願い、そして誓いが 「ダレオド」という4 文字の言葉に集約されています。
是非この機会にご覧ください。
 

中川正子

1973年横浜生まれ。津田塾大学在学中、カリフォルニアに留学。写真と出合う。 自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。 写真展を定期的に行い、雑誌、広告、アーティスと写真、書籍など多ジャンルで活動中。 2011年3月に岡山に拠点を移す。全国及び海外を旅する日々。 2017年に最新写真集『ダレオド』(BOOK M ARUTE/Pilgrim)を上梓。 台湾を皮切りに、全国で展覧会とフェアを展開する。写真集に『新世界』(PLANCTON刊) 『IMMIGRANTS』(Octavus刊)などがある。
http://masakonakagawa.com/
 

会場・アクセス

ワコールスタディホール京都 ギャラリー
京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1・2階
【JR・地下鉄・近鉄】「京都」駅下車、八条口より徒歩7分


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗