1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 長坂コレクション ヨーロッパ絵画展 ~バロックから近代へ~

長坂コレクション ヨーロッパ絵画展 ~バロックから近代へ~

2019/07/04 ~ 2019/07/28


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

バロックという言葉は「歪んだ真珠」を意味するポルトガル語に由来するとされています。
古典的な美、調和、バランスを特色とする15~16世紀のルネサンス美術に対し、バロック美術は動きのある劇的な構図や光と影のコントラストを通して人間の感情を豊かに表現しました。 美術や建築、音楽など幅広い分野でみられ17世紀のヨーロッパ各地で多彩な展開を遂げました。

この展覧会は、長野市在住の所蔵家・長坂 剛氏が長年にわたり「伝統的な絵画手法によって描かれた正統派のヨーロッパ絵画」を蒐集したコレクションより、内容・主題で大きく1600年代のバロック絵画(宗教画/世俗画)、19世紀の近代絵画(肖像画/風景画/風俗画)を中心に、5章に分けて展覧するものです。
当時の人々が日々の暮らしの中で愛し、彼らの精神生活を豊かに培ってきた西洋絵画を通して、ヨーロッパ文化の芳醇な香りを感じていただける展覧会です。この機会にぜひご高覧ください。
 

長坂コレクション

長野県にある長坂バロック株式会社の長坂 剛氏が17世紀のバロック美術から、19世紀の近代絵画にいたる作品を長年に渡り収集したコレクションです。そのテーマは「伝統的な絵画手法によって描かれた正統派のヨーロッパ絵画」で、教科書に登場するような巨匠の作品ではなく、その周辺の画家たちによる、当時の雰囲気や好みをよく伝える作品です。きっかけは、おおよそ30年前に初めて訪れたルーヴル美術館で体験した「感動」でした。その時、長坂氏自身が感じた「感動」の幾らかでも、観た方に感じていただきたいという一途な思いにより全国の多くの美術館で展覧会を開催しています。ルネサンスの巨匠に始まり、印象派、エコール・ド・パリに終わるという、華やかなスポットに当てられた「ヨーロッパ絵画」とは異なり市民の身近な存在として愛され指示された「美のブランド」、すなわち巨匠の周辺に画家たちの手による≪もうひとつのヨーロッパ絵画≫、それが長坂コレクションの「コンセプト」です。  


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2019年7月14日(日)11:30~/14:30(各回30分)
料金:無料(美術館入館券は別途必要です)
※マイクを使用し、会場を移動しながら解説いたします。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

【関連イベント】バロック音楽ウェルカム演奏♪♪♪

京都市立芸術大学音楽学部 学生と卒業生による演奏で、皆さまをお迎えします。
ひと時のバロック音楽の世界をお楽しみください。

日時:2019年7月20日(土)・21日(日)11:00~/13:00~/15:00~(各回約15分)
演奏:前山杏氏(ヴァイオリン)、池田源輝氏(コントラバス)
会場:美術館「えき」KYOTO通路(入口付近)
料金:無料

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗