1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―

すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―

2012/04/07 ~ 2012/05/13


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

すべての僕の情熱と思索と小唄と哲学と絶望と病気とは
表現を求めようとして具象されようとして沸騰する―

(村山知義「過ぎ行く表現派」より/『中央美術』1925年4月)





20世紀の初めに生を受けた芸術家・村山知義(1901 - 1977)。
わずか1年滞在したドイツ・ベルリンにてダダイズムや構成主義などの新興芸術に代表される「前衛」の動向に感化された彼は、帰国後1920年代の日本の美術界に、その衝撃的な表現世界をもちこんだ人物として知られています。
村山は物体を貼り込んだ造形作品のほか、トランスジェンダーなダンスパフォーマンスなど演劇人としての舞台活動、そして最初期から続けられた絵本の挿絵など、ジャンルを横断した目覚しい活動を行いました。そしてそれは同時代に多くの共感者を生み出し、大正~昭和にかけての日本の近代美術に決定的な影響を与えました。

今回の展覧会は、日本の「前衛」運動の旗手・村山知義の多彩な活動の足跡をたどるはじめての回顧展となります。

油彩やコラージュ、版画などの希少な現存作品や、村山が編集した雑誌『マヴォ(Mavo)』を一堂に集めるほか、自ら設計し新興芸術運動の拠点となった自邸兼アトリエ「三角の家」をはじめとする建築と室内装飾、舞台芸術、ポスターや装丁、商業美術のデザインなど、その多彩な仕事の全貌を、記録資料とともに紹介します。
また、村山がドイツ滞在時に大きな影響を受けたカンディンスキーやクレー、そして活動をともにした和達知男や永野芳光の作品も展示します。





さらに、『子供之友』などの児童雑誌を中心に発表された、子供のためのイラストレーションの仕事・原画も多数紹介。村山は10代のころから晩年まで、挿絵作家「TOM(トム)」としても活躍していました。詩人・児童文学者の妻のかず子(1903-46)の文章をはじめとする数多くの児童文学に添えられた洒脱なイラストは、今なおみずみずしい魅力を放ち続ける村山のもうひとつの面を見せてくれます。

村山知義が夢見た全方位的な想像力の解放、沸騰の軌跡を検証する展覧会です。ぜひこの機会に、その宇宙的な世界を体感してください。

CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

「『すべての僕が沸騰する』という現象」


講師:水沢 勉氏(神奈川県立近代美術館館長)
日時:2012年4月29日(日)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布)

「アヴァンギャルドは、幸せかい。―村山知義の場合」


講師:尾﨑眞人氏(京都市美術館学芸課長)
日時:2012年5月3日(木・祝)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布)

【関連イベント】子どもたちのためのプログラム 「Tomと絵本の世界」

子供も楽しく芸術に触れられるワークショップ・プログラム。
挿絵作家「TOM(村山知義)」の手がけたカラフルな楽しい絵本の数々に触れ、挿絵をじっくり鑑賞して物語作りに挑戦します。

日時:2012年5月5日(土)、12日(土) 各日9:30~12:00
※両日ともに同じ内容です。どちらか1日を選んでご参加下さい。
定員:10名(要申し込み)※小学生対象

※詳細、お申し込みにつきましては、直接美術館にお問い合わせ頂くか、公式ホームページをご確認下さい。

【関連イベント】やなぎみわ演劇プロジェクト 第三部「1924 人間機械」

昨年から上演が開始され話題を呼んだ、現代美術家・やなぎみわ氏による演劇プロジェクト三部作「1924」。Vol.1「Tokyo-Berlin」(2011年4月、京都国立近代美術館にて)、Vol.2「海戦」(2011年、11月、KAAT神奈川芸術劇場にて)に続くVol.3「人間機械」が京都国立近代美術館にて上演されます。

日時:2012年4月13日(金)~15日(日) 各日 開演 18:30(開場 18:00)
会場:京都国立近代美術館1階ロビー
チケット発売日:2012年3月3日(土)~
※事前申し込みが必要です。
※詳細につきましては、やなぎみわ公式ホームページ(http://www.yanagimiwa.net/)をご確認下さい。

【関連イベント】NFC所蔵作品選集 MoMAK Films@home

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は『朝から夜中まで』(1921年、カール・ハインツ・マルティン監督、ゲオルグ・カイザー原作)ほか、村山知義に関連した映画作品を特集上映します。

日時:4月21日(土)・22日(日)14:00~
会場:京都国立近代美術館1階 講堂
料金:1プログラム500円
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター

※プログラムの詳細については京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。 →こちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗