1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. マルチアーティスト・堂本印象-日本画・洋画・工芸・建築・デザイン-

マルチアーティスト・堂本印象-日本画・洋画・工芸・建築・デザイン-

2011/10/28 ~ 2011/12/11


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館

堂本印象は明治24(1891)年京都に生まれ、大正8(1919)年に第1回帝展に初入選して以降官展を中心に活躍し、大正から昭和にかけての日本画壇において指導的地位を築きました。
一方で日本画のほか油彩画や水彩画も描き、また陶芸や漆芸などの工芸、彫刻も積極的に手がけました。さらに晩年には自身の作品を収めるための美術館を構想し、外観や内装も自らのデザインで実現させます。印象は平面のみならず立体作品や空間構成まで幅広い創作活動を行っていました。

堂本印象生誕120年を記念した今回の特別展覧会では、日本画家の枠を超えて様々な創造に挑戦した印象をマルチアーティストととらえ、その業績を多角的に紹介します。
官展に出品した代表的な絵画作品を中心に、壷や皿、茶碗、タペストリーといったものから、木彫人形、また美術館の装飾デザインのスケッチなどまで、多彩な作品を展示します。
多岐にわたる作品の数々によって、印象の芸術活動の多様さと豊穣さを感じとっていただければ幸いです。
CHECK POINT

【関連イベント】生誕120年記念シンポジウム

日時:2011年11月3日(木・祝)14:00~16:00 
場所:立命館大学創思館1階カンファレンスルーム(美術館向かい・立命館大学キャンパス内)
定員:先着100名(事前申込不要) 聴講無料
※ご来場には公共交通機関をご利用ください。

出演者(敬称略)


【基調講演】
内山 武夫(京都国立近代美術館元館長)

【パネリスト】
内山 武夫 (京都国立近代美術館元館長)
尾崎 眞人 (京都市美術館学芸課長)
菅谷 富夫 (大阪市立近代美術館建設準備室研究副主幹)
石川 祐一 (京都市文化財保護課主任文化財保護技師)

【コーディネーター】
島田 康寬 (京都府立堂本印象美術館館長、立命館大学先端総合学術研究科教授)

【関連イベント】きぬかけ華回廊

「関西文化の日」の二日間、華道小松流との共同企画で
堂本印象美術館の別館和室にて、いけばなの展示を行います。
印象が実際に暮らした邸宅である別館の空間と共に、お楽しみください。

日時:2011年11月19日(土)、20日(日)
場所:堂本印象美術館別館和室
※当日は美術館の入館料は無料となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗