1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市学校歴史博物館
  5. むかしむかし あるところに ―教材としての昔話―

むかしむかし あるところに ―教材としての昔話―

2016/10/07 ~ 2016/12/13


【京都市学校歴史博物館】

京都市学校歴史博物館

桃太郎、舌切すずめ、花さか爺--
現代でもよく知られる昔話は明治20年代から教科書や児童書などによく取り上げられています。その多くは画家が手がけた可愛らしい挿絵と共に紹介され、子どもたちにとって楽しく身近なものとして学ばれました。

今回の展覧会では、京都市の学校が所蔵していた明治から昭和にいたる資料の中から、教科書をはじめ、昔話を題材にした様々な教材を紹介します。ユニークな教材の数々からは文筆家や挿絵画家の、子どもを楽しませる工夫が感じられます。また、話の内容やそこに込められた教訓を見直せば、当時の教育に対する考え方も垣間見えてくることでしょう。
子どもたちは昔話をどのように受容してきたのか。その変遷を振り返ります。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「明治期絵画の題材としての昔話」

明治時代には、桃太郎やさるかに合戦といった昔話を題材とした作品が、画家たちによって多く描かれました。そこには、日本が近代国家として西洋と肩を並べようとするなかで国のルーツが見直され、日本独自の昔話に注目が集まったという背景があります。
この講演会では、明治時代を中心に昔話を題材とした絵画を紹介しながら、画家のさまざまな工夫や作品の生まれた背景などを解説します。

日時:2016年11月27日(日)14:00~15:30(13:30受付開始)
講師:森光彦(京都市学校歴史博物館学芸員)
会場:京都市学校歴史博物館
料金:無料(展覧会観覧券が別途必要です)
定員:申込先着順

申込方法

イベント名、代表者氏名、連絡先電話番号、参加人数、
および申込方法にあわせ 住所・FAX・メールアドレスを明記の上、下記あて先までお申込ください。

はがき:〒600-8044 京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町437 京都市学校歴史博物館 宛
TEL:075-344-1305(9:00~17:00/水曜日休館)
FAX:075-344-1327
メール:rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp

※はがき・FAX・メールへの受信確認の返信は行っておりません。
※先着順受付となります。定員に達し次第受付終了となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗