1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 知られざるミュシャ展 -故国モラヴィアと栄光のパリ-

知られざるミュシャ展 -故国モラヴィアと栄光のパリ-

2013/03/01 ~ 2013/03/31


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、オーストリア帝国の支配下にあった南モラヴィア地方(現、チェコ共和国)のイヴァンチッツェに生まれました。
ウィーン、ミュンヘンで美術を学んだ後、パリに出て下積み時代を過ごしていましたが、1894年暮れに舞台女優サラ・ベルナール の公演「ジスモンダ」のポスターの制作依頼を受けました。そして1895年新年、ポスターがパリの街頭に貼り出されるやいなや、ミュシャは一夜にしてパリ 中の話題をさらい、画家として一気にスターダムにのしあがったのです。
ミュシャは1900年のパリ万国博覧会でもパビリオンの装飾を任されるなど、芸術家としての地位を不動のものにしました。アール・ヌーヴォーは別名「ミュシャ様式」とも呼ばれるほど、ミュシャは商業的成功を収めたのです。
その後ミュシャは、1910年に故国のモラヴィアに帰郷します。そして1918年、チェコスロバキア共和国成立にあたっては、ミュシャはほとんど無償で、紙幣や切手、国章などをデザインを手がけ、またプラハ市庁舎ホールの装飾を引き受けるなど、あらゆるジャンルにわたり多芸多才ぶりを発揮しました。
ミュシャはパリの華やかな時代とは異なり、晩年は祖国への思いを描き続けました。
この展覧会では、チェコのチマル・コレクションを中心に、約160点の作品を展覧します。
チマル・コレクションとは、ミュシャの故郷であるチェコのイヴァンチッツェ近郊の町に住む医学者ズデニェク・チマル博士の個人コレクションです。チマル博士は親の代より長年にわたり現在のミュシャ・コレクションを形成し、一部は、2010年にチェコ国立モラヴィア・ギャラリーにて初めて一般公開されました。
その後も各地の美術館で公開されましたが、日本でのチマル・コレクションの公開は今回が初めてとなります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗