1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 映像芸術祭 "MOVING 2015"

映像芸術祭 "MOVING 2015"

2015/02/06 ~ 2015/02/22


【画像】
(1)八木良太「Video Sphere Sound Sphere」 2014年 Photo by Gosuke Sugiyama
(2)青葉市子


2012年に開催され、全プログラム5,000人以上の動員を記録し話題を集めた「映像芸術祭"MOVING"」が、再び京都で開催されます!

映像は、新しいメディアの普及、IT技術・機器の発達により、私たちの生活により身近なものとなっています。
それに伴い、映像芸術も映像ならではの表現を活かしながら、他とは異なるオリジナリティを得てきました。
MOVINGは、そんな映像芸術にスポットを当てた、日本国内、特に関西では貴重な芸術祭です。
新しい視点や価値を創造する映像表現を紹介し、さらにアーティストにはシチュエーションやコラボレーションを提案しながら、新しい表現が生まれる機会を演出し、映像表現の可能性を検証・追求・拡張していくことをコンセプトとしています。

第2回となる今回は、京都芸術センター、京都シネマ、METRO、ARTZONE、アトリエ劇研などの9会場での開催。「MOVING Exhibition(映像の展覧会)」「MOVING Screening(映画館での上映会)」「MOVING Live(映像と音によるライブ)」「MOVING Theatre(映像がメインとなる舞台公演)」といった、幅広いジャンルの作品を取り扱います。

参加アーティストは、全国から招かれた新進気鋭の約30組。世界に衝撃を与えたカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルでPerfumeのパフォーマンスなどの映像ディレクションを手がけるTAKCOMや、横浜トリエンナーレ2011などに参加し近年目覚ましい活躍をみせる八木良太など、国内外で注目される映像作家やアーティスト、クリエイターが集います。
発表される作品も、ほとんどが新作。日本を代表するアーティスト同士による初共演や、今 回が関西初上演となるプログラムも予定されています。また、海外の同世代アーティストの作品を集めたプログラムとMOVINGの上映プログラムを交換する 企画や、アンスティチュ・フランセ日本のイベント『デジタル・ショック』とのコラボレーションなど、国際交流企画も行われます。

MOVINGだからこそ実現した映像芸術の第一線を行く豪華なプログラムの数々を、ぜひ体感してみてください!
 

会場

京都芸術センター/京都シネマ/METRO/ARTZONE/アトリエ劇研/Gallery PARC/Anntena Media/児玉画廊/HAPS
 

 

参加アーティスト

青葉市子★、あごうさとし、足田メロウ、Ametsub★、Yro[from France]、生駒祐子[mama!milk]★+阿部海太郎★+清水恒輔[mama!milk]★+巽勇太★、intext、浦崎力、毛原大樹、 五島一浩、坂西未郁、TAKCOM、田中英行、林勇気、前谷康太郎、Madegg★、水野勝規、宮永亮、村川拓也、 八木良太、山城大督、米子匡司[SJQ]★ ほか
※ ★印の作家はMOVING Live、MOVING Theatreへ音楽家として参加します。
 

詳細・お問い合わせ

MOVING実行委員会/ディレクター:中本真生(UNGLOBAL STUDIO KYOTO)
MAIL:info@moving-kyoto.jp
URL:http://www.moving-kyoto.jp/

《イベント予約方法》
上記メールアドレス宛に「希望プログラム名」「氏名」「電話番号」「希望枚数」「希望日時」を明記の上ご連絡ください。
※前日19:00までの受付です。当日の入場は先着順となります。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗