1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 建築家 本野精吾展 -モダンデザインの先駆者-

建築家 本野精吾展 -モダンデザインの先駆者-

2010/01/18 ~ 2010/03/11


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館

大正から昭和にかけて活躍した、日本のモダニズム建築の先駆者・本野精吾(1882-1944)。

東京帝国大学建築学科(現・東京大学工学部建築学科)を卒業した彼は、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)教授であった武田五一の招きによって、1908年に同校の図案科教授に就任します。
その後ドイツ留学を挿んで35年もの間、京都を拠点に日本のデザイン教育をリードすると共に、建築家やデザイナーとしても多彩な活動を行いました。1927年には「日本インターナショナル建築会」を設立し、その後ドイツを代表する建築家、ブルーノ・タウトの来日を実現させたことでも知られています。


建築作品では、西陣織物館(現・京都市考古資料館、1914年)、本野精吾自邸(1924年)、鶴巻邸(現・栗原邸、1929年)、京都高等工芸学校本館(現・京都工芸繊維大学3号館、1930年)の4作品が現存しています。
うち2作品が優れた日本近代建築としてDOCOMOMOに選定され、他の2作品も国や市の登録文化財となるなど、その価値が高く評価されています。中でも京都市北区にある本野精吾の自邸は、理念と形態の両面を追求した、日本で最初のモダニズム建築と言っても過言ではありません。

また、本野の活動は建築にとどまらず、インテリアや家具、食器、工芸、グラフィック、舞台、衣装、船体デザインにまで及び、自ら広告の研究団体「プレスアルト研究会」を設立しその中心的役割も担うなど、非常に多方面に及びます。さらにエスペラント語の普及に努め、南画を嗜み、ヴァイオリンを演奏し、西洋音楽の普及にも貢献しました。

本野精吾は、モダニズムの理念と方法を貫き、また常に実験的な人物でした。その姿勢は学術の街・京都ならではのものだったと言えるかもしれません。
そんな本野についての初めての展覧会となる今回は、建築やデザイン活動など、幅広くその業績を紹介。同時に彼の業績を通して日本のモダニズム建築やデザインのあり方を再考します。

※2月13日(土)には14:00から公開シンポジウムを予定しております。
DOCOMOMO
(ドコモモ/Documentation and Conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement)1988年に設立された近代建築の記録と保存を目的とし、40カ国以上に支部を持つ国際学術組織。本部はフランス・パリ。


CHECK POINT

記念シンポジウムも開催。

展覧会の開催に併せて、記念シンポジウムが開催されます。
京都を中心に活躍した建築家・本野精吾の業績を通し、近代日本のモダニズムとデザインを建築学・建築史・デザイン史など各方面から語ります。

【参加パネリスト】
藤森照信(建築史/東京大学教授)
西澤英和(建築保存工学/関西大学准教授)
宮島久雄(近代デザイン史/前・国立国際美術館館長)
笠原和人(近代建築史/京都工芸繊維大学大学院助教)

司会:松隈洋(京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時:2010年2月13日(土) 14:00~17:00
会場:京都工芸繊維大学 1号館1階0111講義室
定員:150名(申し込み不要。当日先着順での受付となります。)
料金:入場無料


京都の別の顔が見えてくる、本野精吾のモダニズム。

1908(明治41)年に、恩師である武田五一(京都府立図書館などの設計者)の招きで、京都高等工芸学校、展覧会の会場である現在の京都工芸繊維大学の教授として京都に赴いた本野精吾。
その後モダニズムの中心地であったドイツへの留学を挿み、本野精吾は京都、そして関西を代表する建築家となっていくことになりました。
彼が京都で組織した「日本インターナショナル建築会」は当時関西で発足した最大建築学会で、最盛期には150名以上の会員が在籍していたといいます。
まさに、京都は彼の人生の転機となった街といえるでしょう。

本野精吾の設計した建築作品はあまり多くは有りません。しかし、その現存する建物は全て京都市内で見ることができます。
実際、展覧会会場である京都工芸繊維大学のキャンパス内には彼の手がけた「京都工芸繊維大学本館(現在の3号館)」があります。また、彼が帰国後最初に手がけた「西陣織物館(現在の京都市考古資料館)」は千本今出川付近に、自邸は立命館大学のすぐそばにあります。

寺社や町家など、伝統的な日本建築が注目されやすい京都。
一方このようなモダニズムの先駆的な建築が残っているというのも京都の知られざる一面も味わえる展覧会です。
展覧会を見た後には、実際に彼の作品を拝見しに行ってみるというのは如何でしょうか?

【参考リンク】
生き続ける建築ー5 本野精吾 モダニズム建築の先駆け(INAX REPORT)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗