カワイオカムラ「ムード・ホール」

2016/12/17 ~ 2017/01/22


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

川合匠と岡村寬生による映像ユニット、カワイオカムラ(Kawai + Okamura)の9年ぶりの個展です。

1999年、高密度の映像世界を展開した個展「四角いジャンル」で話題をさらったカワイオカムラ。しかしそれに続く彼らの個展は、2007年の「カワイオカムラマ——Summertime Blues Animation」(京都芸術センター)まで8年の歳月を要しました。
無論、彼らは「ficfyon(ヘコヒョン)」なる作中に頻出する造語を陽気につぶやきながらその後も休みなく活動していましたが、発表の場はもっぱら海外の映画祭だったのです。完璧主義の二人にとって、個展を準備するにはどうしても時間が必要でした。

気づけばまたしても8年、それに加えて1年が過ぎた2016年、「ムード・ホール」というミステリアスな造語をつぶやきながらカワイオカムラの2人が再び個展を開催します。

「MOOD HALL」とも 「MOOD HOLE」とも聞き取れる展覧会タイトルは、カワイオカムラのの最新プロジェクトのタイトルでもあります。
今回の展覧会では、この「ムード・ホール」プロジェクトの発表や最初期の映像作品の数々の再展示を行うほか、第35回アルスエレクトロニカ・フェスティバル(コンピュータアニメーション/映画/VFX部門)で栄誉賞を受賞した映像作品《コロンボス》の日本初上映なども実施。過去作から最新プロジェクトまでを一挙公開する、これまでのカワイオカムラ史上最大規模の個展となります。ぜひお見逃しなく!


CHECK POINT

【関連イベント】オープニングイベント:アーティストトーク/オープニングレセプション

日時:2016年12月17日(土)14:00~
出演:カワイオカムラ(出展作家)
※参加無料・事前申込不要

※終了後、16:00よりオープニングレセプションを開催します(参加無料)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗