1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション

視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション

2011/07/20 ~ 2011/09/04


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


20世紀美術に「新しい視覚(ニュー・ヴィジョン)」をもたらしたハンガリー出身の芸術家、モホイ=ナジ・ラースロー(1895-1946)。その全体像を紹介する企画展です。

構成主義の美術家・写真家、そしてバウハウスの教師として知られるモホイ=ナジは、20世紀前半の前衛芸術運動に参加して「光と運動による造形」という創作理念を確立し、ハンガリーからウィーンへ、そしてドイツ、オランダ、イギリスを経てアメリカへと、自らも世界の都市を移動しながら、多様な造形・教育活動を行いました。



絵画、写真、彫刻、映画、グラフィック・デザイン、舞台美術と多岐にわたる活動は、芸術と工業技術の関係性、情報伝達やコミュニケーションの問題といった、20世紀美術が直面した重要な課題を提示しています。
伝統やジャンルにこだわらずに同時代の新しい素材や主題に取り組んだモホイ=ナジの仕事は日本でも早くから紹介され、1930年代の新興写真運動をはじめ、瀧口修造との交流を通じて、戦後は「実験工房」の芸術家たちに大きな影響を与えました。

この展覧会は、多数の貴重な未公開作品を含む、遺族所蔵コレクションを中心に、ハンガリー時代の絵画、キネティック彫刻の代表作《ライト・スペース・モデュレータ》、カメラを使わない写真技法「フォトグラム」、アメリカ時代のカラー写真など、国内外の美術館から集められた約300点の作品・資料を展示し、モホイ=ナジの仕事を展望する日本で最初の回顧展です。
展示作品の多くは国内初公開となります。
表現の可能性をいまなお新鮮に、未来に向けて訴えかけるモホイ=ナジの世界を、ぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】国際シンポジウム「モホイ=ナジ再考―芸術の領域を超えて」

国内外からの研究者による国際シンポジウムが京都国立近代美術館にて開催されます。
※通訳つき。

日時:2011年7月23日(土)13:00~17:00
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂

【講師・パネリスト】
パシュート・クリスティナ氏[エトヴェシュ・ロラーンド大学名誉教授(ブダペスト)]
オリヴァー・ボーター氏 [マニトバ大学准教授(カナダ)]
井口壽乃氏 [埼玉大学教授]
森下明彦氏(メディア・アーティスト/美術愛好家)
進行・モデレーター:池田祐子(京都国立近代美術館主任研究員)

定員:100名
※聴講無料
※事前予約不要。当日12:00より受付にて整理券を配布します。

【関連イベント】講演会・ワークショップ

特別講演「ベンヤミンとドイツ近代映画」


日時:2011年8月19日(金)17:00~18:30
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
講師:仲正昌樹氏(金沢大学教授)
定員:100名
※聴講無料
※事前予約不要。当日16:00より受付にて整理券を配布します。

京都造形芸術大学一般公開講座
フォトグラム写真講座


「フォトグラム」とは、カメラを使わずに印画紙の上に直接モチーフを置いて感光させて画像を作る写真の表現技法の一種です。1920年代初頭、モホイ=ナジやマン・レイが数多くこの技法の作品を制作し、一般的になりました。
この講座では、1日目に「モホイ=ナジ展」を見学し、2日目にレクチャーと実習でフォトグラム作品を制作します。

日時:2011年8月6日(土) 15:00-16:30 「モホイ=ナジ展」見学(会場:京都国立近代美術館)
         8月7日(日) 10:00-16:30 実習・合評 (会場:京都造形芸術大学)
※2日間の日程です。片方だけの参加はできません。
受講料:8,000円
※「モホイ=ナジ展」鑑賞券代含む(別途材料費3,000円当日徴収します)
持ち物:2日目のみ撮影に使用するモチーフ、エプロン、タオル

詳細・お問い合わせ・申し込みはこちら(京都造形芸術大学)
京都造形芸術大学 瓜生山エクステンションセンター
TEL:075-791-9124

MoMAK Films @ home 「実験映画上映」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は「モホイ=ナジ展」に関連し、ナジのドイツ時代(1921-1937)にフランス、ドイツで実践された前衛映画群から、光と視覚的リズムの問題を追求した作品を紹介します。

日時:2011年8月19日(金)19:00~/8月20日(土)14:00~
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:1プログラム500円
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:川村健一郎、冨田美香(ともに立命館大学映像学部准教授)

※プログラムの詳細については京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。 →こちら

同時開催・関連展示

curatorial studies5 「ニューバウハウスの写真家たち」(4階コレクション・ギャラリー)


関連展示。1937年に渡米したモホイ=ナジが創設した「ニュー・バウハウス」(1937-38)以降のシカゴを中心とする写真の動向に焦点を当て、モホイ=ナジと共に教鞭を取った写真家、またはその教育を受けた写真家たちを特集します。

■ ギャラリートーク
日時:2011年7月22日(金) 18:00-20:00
講師:森川潔氏(大阪芸術大学写真学科准教授)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂及び4階コレクション・ギャラリー
定員:30名 (予約不要、聴講無料、但し常設展観覧券が必要です)

詳細はこちら(美術館ホームページ)

イチハラヒロコ+箭内新一「プレイルーム。2011」(1階ロビー)


年一回開催される美術家イチハラヒロコと箭内新一によるインスタレーション。
発表のたびに部分的に新たな要素が加えられ、内容を変化させながら、時間と共に成長するユニークな作品です。大人と子供が一緒に自由にくつろげる多目的スペースとしての役割もあります。

日時:2011年7月26日(火)~9月11日(日)
詳細はこちら(美術館ホームページ)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗