1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 泉屋博古館創立50周年記念 住友コレクションの近代洋画

泉屋博古館創立50周年記念 住友コレクションの近代洋画

2010/03/06 ~ 2010/06/27


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館


平成22年、泉屋博古館は昭和35年に財団が設立されてから50年の節目を迎えます。それを記念して、館蔵の住友コレクションの名品を一年かけてご紹介。まず今回はその皮切りとして明治から昭和にかけての洋画を展示します。

住友家の洋画コレクションは、洋画としては日本で最も早い明治中期から蒐集が始められましたが、長らく一部が知られるのみで「幻のコレクション」とされてきたものです。平成15年、東京・六本木にある泉屋博古館分館にて初めて一堂に公開され、以後主に東京で展示が行われてきました。住友家縁の地である関西・京都では、今回がその全貌を紹介する初めての機会となります。

洋画蒐集の立役者である15代家長・住友春翠は、実兄である西園寺公望の勧めで日本の洋画の先駆・黒田清輝の作品を購入している他、明治30年には欧米の外遊も経験し、洋画への理解を深めています。
特に、彼が洋行時に入手したクロード・モネの作品二点は、日本に印象派をもたらした最も早い一例であるとされています。

また、彼は日本の洋画家の育成にも寄与し、聖護院洋画研究所(後の関西美術院)設立の支援も行っています。洋画コレクションが飾られた兵庫県・須磨にある彼の洋館には、多くの画家達が見学に訪れ、画壇への影響も少なくありませんでした。
残念なことに彼のコレクションはこの須磨の家と共に戦災によって少なからず焼失してしまいました。しかし、その後彼の子息たちの蒐集品も加えられ、今日では非常に幅広い内容のコレクションとなっています。

今回の展覧会では、京都の洋画壇に深く関わった浅井忠や梅原龍三郎、岸田劉生の作品のほか、藤島武二や岡田三郎助、和田英作から山下新太郎、小磯良平、森芳雄まで、明治から昭和の作品約40点をまとめてご紹介します。これらには文展や博覧会などの出品作も含まれ、また、特に女性を描いた作品が多くあるのが特徴です。画家による表現や資質の違いなども比較しながら、心行くまで作品との対話をお楽しみ下さい。

※期間中、一部展示替えされる作品がございます。


CHECK POINT

関西初公開、住友家「幻の洋画コレクション」の見どころ

【日本に最初にやってきたモネの絵】


住友家の15代・住友春翠が、ヨーロッパで購入した二点の絵。それは、印象派の巨匠として現在も名高いクロード・モネの作品『サン=シメオン農場の道』(1864)『モンソー公園』(1876)でした。
1890年代、春翠は洋行中に立ち寄ったフランス・パリで画商・林忠正と出会います。彼は当時ジャポニズムの流行していたフランスで日本の美術の販売や紹介の仕事をしており、モネとも交流を持っていました。彼の勧めで春翠はモネのこの作品を購入し、日本に持ち帰ります。これは日本に印象派の作品をもたらした、最も早い例となりました。
しかもこの作品はちょうど印象派の旗揚展(1874年)に前後する時期のものでモネの画風の変化も認められ、大変興味深い作品となっています。


【摩訶不思議・二人の「麗子」】


コレクションには、日本で活躍した画家たちの作品も多数含まれています。
明治の画壇隆盛期を支えた藤島武二、同じく明治時代に活躍し、京都で教鞭もとった浅井忠、京都で生まれ育った昭和の重鎮、梅原龍三郎など、日本の洋画壇を彩る名作家の多彩な作品が揃っています。
その中で特に異彩を放っているのが、大正時代に活躍した個性派の画家・岸田劉生『二人麗子図(童女飾髪図)』(大正11年)。娘の麗子をモデルにした作品を彼は数多く描いていますが、これはひとつの画面に麗子が二人、同じ人物が複数描かれているという異色作。コレクションの中でも他に類を見ない、幻想的で不思議な世界を作り出しています。


関連イベント:講演会と列品解説も併せて。

【講演会】


展覧会を記念して、講演会が開催されます。講師は西洋美術史研究の第一人者・高階秀爾先生がつとめます。

「旅と憧れ―近代日本とフランス―」

講師:高階秀爾氏(美術史家)
日時:5月15日(土) 13:30~
会場:泉屋博古館 講堂
定員:先着100名(当日入館された方に整理券を配布致します)


【列品解説】


実際に展示品を前にしながら、学芸員さんが解説してくださるギャラリートーク形式です。
今回は泉屋博古館分館長・川口直宜氏による出張解説です。

「住友コレクション―泉屋博古館の洋画について」

講師:川口直宜氏(泉屋博古館分館長)
日時:3月27日(土)、4月17日(土)、5月29日(土)、6月12日(土) 各日14:00~
会場:展示室内


★常設展「中国青銅器の時代」も開催中!
期間中は、常設展「中国青銅器の時代」も併せてご覧になれます。
世界的にも有名な、中国青銅器コレクションの世界。期間中は学芸員やボランティアによる展示解説も行われます。

日時:3月13日(土)、4月3日(土)、5月1日(土)、6月19日(土) 各日14:00~
講師:廣川守(泉屋博古館 学芸課長)

※ミュージアムボランティアによる解説は、毎日午後開催されています。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗