1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展覧会 中国近代絵画と日本

特別展覧会 中国近代絵画と日本

2012/01/07 ~ 2012/02/26


【京都国立博物館】

京都国立博物館


中国の近現代に活躍した画家、呉昌碩(ごしょうせき)、斉白石(せいはくせき)、高剣父(こうけんぷ)、徐悲鴻(じょひこう)、劉海粟(りゅうかいぞく)、黄賓虹(こうひんこう)...
彼らの絵画作品を、京都国立博物館が近年に受贈した「須磨コレクション」を中心に、国内外の名品を集めて展示し、その多彩な展開を追います。

アヘン戦争に始まる西洋の近代物質文明の衝撃は、それまでの旧態依然とした中国の社会全体を揺さぶり、変革を促すことになります。
その中で中国が変革、近代化を目指すうえでの身近な手本としたのが、隣国の日本でした。

画壇の近代化においても、日本の果たした役割は少なくありません。
陳師曾(ちんしそう)、高剣父(こうけんぷ)をはじめ、後に改革のリーダーとなった画家たちの多くは、日本に遊学し、日本の画家たちとも交流を持ちました。互いに影響を与え合いながら、彼らは母国の改革を推進していきます。



彼らが伝統を保持しつつも新たな造形美・表現を創造する上で、日本の近代絵画を参考にしていることは、注目に値します。
また、国画(水墨技法を用いた中国の伝統的な絵画)の巨匠といわれる呉昌碩や斉白石などへの国際的な評価の形成にも、日本は深く関わっています。

この展覧会では、絵画の近代化という観点から、両国の関係を窺っていきます。
展示作品を通し、近代における日中文化交流の一端をご理解いただければ幸いです。

CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座

1月7日「海上画派と日本および西洋絵画の影響」

講師:西上 実 氏(京都国立博物館学芸部長)

1月21日「東方芸術の奇葩(きは)―北京画院美術館 斉白石コレクションの研究と展示」

講師:呉洪亮 氏(北京画院美術館斉白石紀念館館長)

2月4日「洋画における中国と日本の交流 ―近代上海を中心に―」

講師:陸偉榮 氏(早稲田大学講師)

2月25日「海上画派と日本および西洋絵画の影響」

講師:單国霖 氏(上海博物館書画研究部主任)

【会場】京都女子大学J校舎5階J525教室 ※京都国立博物館ではございませんので、ご注意ください。
【時間】 13:30~15:00
【定員】 190名 ※聴講無料・要申し込み

申し込み方法

往復はがきに、聴講希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、以下の宛先にお申込ください。
※受付は2011年12月1日より開始します。
※往復はがき1枚につき、1名様1回分のお申し込みとなります。定員になり次第締め切りとなります。

宛先:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館「土曜講座」係

【関連イベント】国際シンポジウム「中国近代絵画の形成と日本」

日時:2011年2月11日(土) 13:00~17:00
会場:国立京都国際会館 アネックスホール
※聴講無料
※会場は京都国立博物館ではございませんので、ご注意ください。

申し込み方法

往復はがきに、聴講希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、以下の宛先にお申込ください。
※受付は2011年12月1日より開始します。
※往復はがき1枚につき、1名様1回分のお申し込みとなります。

宛先:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館「国際シンポジウム」係

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗