1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展覧会「魅惑の清朝陶磁」

特別展覧会「魅惑の清朝陶磁」

2013/10/12 ~ 2013/12/15


【京都国立博物館】

京都国立博物館

【作品画像】
(1)豆彩龍鳳文盤 静嘉堂文庫美術館
(2)粉彩唐花唐草文角皿 野﨑家塩業歴史館
(3)粉彩松鹿図瓶 京都国立博物館
(4)青花雲鶴文福寿文字散釣瓶形水指 法金剛院
(5)色絵花鳥文皿 十代今泉今右衛門作 今右衛門古陶磁美術館


古来「やきもの」の王者として名高い中国陶磁。なかでも、形・質の多様性と色鮮やかさにおいて、他を圧倒しているのが清時代の陶磁器、清朝陶磁です。
清朝陶磁はヨーロッパの王侯貴族に愛されたばかりでなく、明治維新後の日本でも美術愛好家たちによって盛んに収集が行われていました。ところが、それ以前の江戸時代については「鎖国」していたという歴史観の影響もあり、あまり海外からの輸入は行われていないだろうと考えられていたため、江戸時代の日本へもたらされていた清朝陶磁には、これまであまり注意が払われてきませんでした。

しかし実際は、江戸時代の日本は世界の中で決して孤立していたわけではありませんでした。
近年「鎖国」の実態の研究調査が進む中で、江戸時代には既にかなりの量の清朝陶磁が日本へもたらされていたことがわかってきています。当時輸入されていた清朝陶磁は、基本的に民間工房(民窯)の作品が主流でした。ですが今日のように自由に海外渡航できる時代ではなかったこともあり、多くの日本人にとっては見知らぬ異国からの渡来品として随分と貴重視されました。

また、清朝陶磁は日本の「やきもの」生産へも大きな影響を与えています。
特に、明治時代の日本では海外への輸出産業育成が急務とされており、既に欧米諸国で高い評価を得ていた清朝陶磁に負けない「やきもの」を作ろう という機運が高まりました。明時代から清時代の中国では、皇帝をはじめとする宮廷での使用に特化した陶磁器を生産する工房として官窯が設置され、最高級の 陶磁器が生産されていましたが、近代日本の陶工たちはその官窯にも負けない「やきもの」作りを目指したのです。

この展覧会では、江戸時代の日本人が愛した民窯製品のおおらかさや、近代日本の陶工たちが好敵手と認めた官窯製品に代表される高級品の精巧さを、伝世の名品はもちろんのこと、出土品や沈没船からの引き揚げ品も交えて紹介します。そして、清時代と同時代の日本人が、どのように清朝陶磁を賞玩してきたのかという歴史とともに、そこからどのような発想を得て、どのように新しいものを生み出そうとしてきたのか、その足跡を辿ります。

日中の「やきもの」が織り成す百花繚乱の世界、どうぞご堪能ください。

※会場中央室は、江戸時代に海外と日本の玄関口を担った長崎にある史跡料亭「花月」の瓦の間をイメージした空間しつらえ。関連イベントを随時開催いたします。


CHECK POINT

【関連イベント】二胡・中国琵琶コンサート/ギャラリートーク

二胡・中国琵琶コンサート


中国の伝統楽器によるコンサートです。日によって楽器が異なりますので、予めご確認ください。

日時:2013年12月1日(日):《二胡》
      10月27日(日)、11月3日(日)・24日(日)、12月8日(日):《中国琵琶》
   各日13:00~、14:00~、15:00~(1日3回・各回30分)
会場:京都国立博物館 本館(明治古都館)中央室
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)

【関連イベント】古典の日イベント

能のお話と実演


日時:2013年11月1日(金)13:30~14:00
講師:田茂井廣道、河村和貴(ともに能楽シテ方観世流能楽師)

佐々木丞平館長によるスペシャルトーク「長崎派の絵画」


日時:2013年11月1日(金)15:00~15:30
講師:佐々木丞平(京都国立博物館館長)

会場:(いずれも)京都国立博物館 本館(明治古都館)中央室
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)

【関連イベント】土曜講座

会場:京都女子大学 J校舎5階 J525教室 ※京都国立博物館ではございません
時間:13:30~15:00
※聴講無料(定員:各190名)

【申し込み方法】
往復はがきに「聴講希望日」「住所」「氏名」「年齢」「職業」「電話番号」を明記の上、下記のあて先までお送りください。
あて先:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館「土曜講座」係

※往復はがき1枚につき1名様1講座分のお申し込みとなります。
※定員となり次第締め切りとなります。

清朝陶磁と江戸時代後期の茶道具


開催日:2013年10月26日(土)
講師:西田宏子(根津美術館副館長)

煎茶と清朝陶磁


開催日:2013年11月9日(土)
講師:守屋雅史(大阪市立美術館学芸課長)

出土資料からみた清朝陶磁器の国内需要


開催日:2013年11月30日(土)
講師:堀内秀樹(東京大学埋蔵文化財調査室准教授)

清朝陶磁と日本人


開催日:2013年12月7日(土)
講師:尾野善裕(京都国立博物館工芸室長)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗