1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 開館20周年記念「未来も新しくまた過去も新しい―工芸の名品より」

開館20周年記念「未来も新しくまた過去も新しい―工芸の名品より」

2016/06/11 ~ 2016/09/04


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

【作品画像】
(1)《ペルシア 獣文鉢》 陶器 8.5(h)×16.0cm
(2)《ペルシア 白地藍彩双獣把手壺》 陶器 17.0(h)×20.0cm
(3)《ペルシア 青釉手付壺》 陶器 21.0(h)×15.0cm
(4)《ハンガリー 王・王女文鉢》 陶器 9.1(h)×42.8cm
すべて アサヒビール大山崎山荘美術館蔵


アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で20周年を迎えます。
前回の「終わりなき創造の旅―絵画の名品より」展に続き、開館20周年を記念する今回の展覧会では、タイトルの「未来も新しく過去もまた新しい」をテーマに、所蔵する工芸作品のなかから厳選した名品の数々をご紹介します。

「未来も新しく過去もまた新しい」―この言葉は、民藝運動の指導者・柳宗悦(やなぎ・むねよし)の言葉です。(大正15年9月19日「下手ものゝ美」越後タイムス)
柳は、急速な近代化によって失われつつあった民藝の品々に着目し、これまで顧みられることがなかった伝統的なものにこそ美が宿っていると唱え、新たな価値をつくりだしました。

今回の展覧会では、柳の思想に共感し民藝運動を厚く支援したアサヒビールの初代社長・山本爲三郎(やまもと・ためさぶろう)が新しい美を求めて蒐集した、《ペルシア 獣文鉢》をはじめ、《ハンガリー 王・王女文鉢》や中国の《明 万暦赤絵花入》、オランダの《赤絵大皿》など、世界各地の古陶磁約40点を一挙に展示します。
また、山本が深い理解を示した未来へ向けた美の創造にも焦点を当てます。今回は濱田庄司、河井寬次郎、芹沢銈介、棟方志功ら山本と縁の深い作家たちによる、伝統的なものに範を得つつ現代的な造形へと昇華した作品約15点をご紹介します。
今では企業メセナによる社会還元・支援活動は当たり前となりましたが、山本の活動はその先鞭といえるものです。展示を通し、山本の幅広い文化支援活動の業績にも迫ります。

未来へ向け新たな一歩を踏み出すアサヒビール大山崎山荘美術館。その節目となる記念すべき展覧会を、どうぞご覧ください。

※会期中、一部展示替がございます。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

今回の展覧会のテーマに関連して、「時をこえる美」にまつわる特別講演会を開催します。
講師には、長年にわたり西洋史・西洋文化史研究の発展に寄与し2005年に紫綬褒章を受章した樺山紘一氏、日本文化に根ざしたデザインを手がけるなど、多方面から注目を集める原研哉氏、そして西アジア古代文明の図像学や文化交流史研究を牽引する田辺勝美氏をお迎えします。

料金:無料(ただし、美術館への入館料は別途必要です)
定員:各50名、要申込(先着順)

【1】幻の陶磁をもとめて―近世ヨーロッパの苦闘


日時:2016年6月12日(日)14:00~15:00
講師:樺山紘一氏(東京大学名誉教授/印刷博物館館長)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室2

【2】未来資源としての美意識


日時:2016年6月24日(金)14:00~15:30
講師:原研哉氏(デザイナー/日本デザインセンター代表/武蔵野美術大学教授)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室2

【3】西アジアの酒宴美術史


日時:2016年6月25日(土)14:00~15:30
講師:田辺勝美氏(東洋美術史学者)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室2

申込み方法


(1)イベント番号・日時(2)参加者全員の氏名(3)代表者の住所(4)代表者の電話番号(5)代表者のFAX番号
以上を記入の上、返信可能なFAXまたは往復はがきにて
アサヒビール大山崎山荘美術館「イベント係」までお申込みください。

※申込は1回につき2名まで、中学生以上が対象です。
※往復はがきの場合は、参加希望日の1週間前必着となります。
※電話・メールでの受付は行いません。
※定員に達し次第締切となります(美術館HPにてお知らせいたします)

【関連イベント】夏休み企画「家族で楽しむクラシック音楽」

山本爲三郎は日本のクラシック音楽の発展にも貢献しました。
これにちなみ、京都市立芸術大学音楽学部生によるクラシックコンサートを開催します。ぜひご家族皆さんでご参加ください。

日時:2016年8月6日(土)、7日(日)10:30~/12:30~/14:30~(各回約25分)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 本館
料金:無料(ただし、美術館への入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】ギャラリートーク

アサヒビール大山崎山荘美術館の学芸員が、展示の見どころを解説します。

日時:会期中の第2・第4土曜日(6月25日(土)を除く)14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
料金:無料(ただし、美術館への入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】アサヒ・ラボ・ガーデン提携企画 レクチャー「時をこえる美―工芸の名品たち」

日時:2016年7月16日(土)14:00~15:00
会場:アサヒ ラボ・ガーデン
※JR「大阪」駅・各線「梅田」駅最寄
※アサヒビール大山崎山荘美術館での開催ではございませんので、ご注意ください。
講師:アサヒビール大山崎山荘美術館 学芸員
参加費:無料
定員:40名 (要申込/抽選)
※こちらの申込みは、アサヒ ラボ・ガーデンにお問い合わせください。(6月上旬より受付)
イベント詳細ページ

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗