1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展覧会「南山城の古寺巡礼」

特別展覧会「南山城の古寺巡礼」

2014/04/22 ~ 2014/06/15


【京都国立博物館】

京都国立博物館

【作品画像】
(1)重要文化財 十一面観音立像 平安時代 禅定寺蔵
(2)国宝 四天王立像のうち多聞天立像 平安時代 浄瑠璃寺蔵
(3)重要文化財 千手観音立像 平安時代 寿宝寺蔵
(4)重要文化財 愛染明王坐像 平安時代 神童寺蔵
(5)重要文化財 一休宗純像 自賛 室町時代 酬恩庵(一休寺)蔵


京都府南部、奈良と京都の間に位置する「南山城(みなみやましろ)」。
木津川の流域に広がるこの地域には、奈良時代・平安時代からの伝統を守り伝える、歴史ある古い寺院が点在しています。

奈良時代には聖武天皇により恭仁京(くにきょう)と呼ばれるみやこが置かれ、川と自然に囲まれた風光明媚な南山城は、古来から貴族たちにとって憧れの聖地となっていました。貴族たちは、世間の喧騒から離れた静かな山間に寺院を建て、この世に極楽浄土の夢を開花させようとしたのです。

今回の展覧会ではそんな南山城に点在する寺院に伝わる、美しい十一面観音像を初めとした優れた仏像や仏画、金工品、陶磁器、袈裟などの文化財や、近隣の遺跡から発掘された考古遺物など、国宝・重文を含め約140点を展示します。

登場する寺院は、「弥勒磨崖仏」で知られる笠置寺(かさぎでら)をはじめ、国宝五重塔のある海住山寺(かいじゅうせんじ)、「吉祥天像」が有名な浄瑠璃寺、そして一休が晩年を過ごした酬恩庵(しゅうおんあん/一休寺)など、あわせて十数か所。有名な寺院から、知る人ぞ知る寺院まで、さまざまなお寺に伝わる多彩な資料が登場します。なかには、秘仏など普段は公開を行っていないもの、実際に寺院を訪れても見る機会のない貴重な品も含まれています。
また、京都国立博物館による文化財調査を通して初めて明らかになった作品も多数公開します。

奈良と京都の要素が融合した南山城地域ならではの歴史と風土、そして仏教文化。その全貌を大規模に紹介する始めての展覧会です。展示室に集まった仏様や宝物を通して、南山城の古寺めぐりを心行ゆくまでお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】展覧会開催記念「京都国立博物館から~慈しみの佛心~ 世界へ響け!姜暁艶二胡コンサート」

日時:2014年5月4日(日)
【第1部公演】13:00開演(12:45開場)
【第2部公演】14:30開演(14:15開場)
【第3部公演】16:00開演(15:45開場)
  ※完全入替制

会場:京都国立博物館 平成知新館(新館)講堂
料金:1,000円(税込/全席指定)
※特別展覧会「南山城の古寺巡礼」団体割引引換券付
※第1~3部公演ごとに入場チケットが必要です
出演:二胡/姜 暁艶(ジャン ショウイェン)他

※Web予約、及びチケット購入の詳細については公式ページをご確認ください。

【関連イベント】京都国立博物館 らくご博物館【春】~新緑寄席~ Vol.34

日時:2014年5月16日(金)18:00開場 18:30開演
会場:京都国立博物館 平成知新館(新館)講堂
料金:3,100円(全席指定)

※Web予約、及びチケット購入など詳細については公式ページをご確認ください。

【関連イベント】小中学生向け鑑賞会
第13回少年少女博物館くらぶ「みほとけめぐり!」

日時:【1】5月11日(日)【2】5月18日(日)各日10:30~(約1時間)
講師:水谷亜希(京都国立博物館研究員)
参加費:無料(ただし展覧会観覧料が別途必要です)
定員:各日25名(先着順受付)

《参加方法》
当日10:30までに、明治古都館(本館/レンガ造りの建物)の入口前に集合してください。
※両日とも内容は同じです。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗