生誕100年 南桂子展

2011/04/01 ~ 2011/04/24


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


版画家・南桂子(1911-2004)は、富山県射水郡下関村(現在の高岡市中川)に生まれ、高等女学校時代から詩作や絵画制作に興味を持っている少女でした。
戦後、東京に出て童話や油絵を学び、後の夫となる浜口陽三と知り合い、銅版画を始めます。



1954年、夫婦でフランス・パリへ渡り、その後も長い年月をお互いに支えあいながら、銅版画の制作を続けます。1982年、長年過ごしたパリから温暖な気候をもとめてアメリカのサンフランシスコに移り、1996年に帰国するまで、およそ40年余りを海外で生活し、制作を続けました。
その間に生み出された銅版画には、ひとつひとつに清澄な詩情が満ちあふれ、見るものをその世界に引き込こんでいきます。

初の本格的な巡回展となるこの展覧会では、少女や木や鳥をモチーフとした淡く繊細な表現による独自の深い魅力を紹介し、日本でも高い人気を博している版画家・南桂子を浮き彫りにしていきます。


CHECK POINT

【関連イベント】作品解説

解説者:瀬尾 千秋 氏(高岡市美術館 主任学芸員)
日時:2011年4月1日(金) 1)11:00~ 2)14:00~ ※各回30分予定
会場:美術館「えき」KYOTO

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説をいたします。
※事前申し込み不要。参加は無料ですが、当日の入場券が必要です。
※やむを得ず出演者やイベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。
※混雑した場合は、入場制限をさせていただく場合があります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗