1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. メジエール×クリスタンの世界―フランスSFマンガの想像力

メジエール×クリスタンの世界―フランスSFマンガの想像力

2010/03/27 ~ 2010/06/20


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム


京都国際マンガミュージアムではこれまで、2008年「バンド・デシネの歴史と展開」展、2009年フランス・マンガ界の巨匠メビウス氏を招待し企画展や講演会を行った「メビウスの世界」とフランス・コミックス=バンド・デシネ(BD)を紹介する展示企画を行ってきました。
今年は、京都精華大学と京都国際マンガミュージアムの呼びかけにより、映画『スター・ウォーズ』にも影響を与えた長寿SFコミックス「ヴァレリアンとロールリーヌ」シリーズの作者で、バンド・デシネ(BD)界の巨匠である、ジャン=クロード・メジエールとピエール・クリスタン両氏の招聘が実現しました。両氏と、日本のトップクリエーターたちとのトークショーや展覧会など、SFマンガ/BDが持つ想像力のひろがりを感じられるプログラムとなっています。

※このプログラムは、「京都マンガフェスタ2010」の関連企画です。


【出演者プロフィール 】
ジャン=クロード・メジエール Jean-Claude Mézières


1938年パリ郊外のサン=マンデに生まれる。71歳を迎えた現在でもBD作家として現役で活躍中。代表作「ヴァレリアンとロールリーヌ」は2007年に第20巻が出版され、単行本としては未刊行だった第1話「ヴァレリアンの悪夢」を収めた第0巻や短編集を含めて、22巻が刊行されている。1984年にはその業績が評価され第11回アングレーム国際バンド・デシネ・フェスティバルでグランプリを授与される。1997年にはリュック・ベッソン監督の映画『フィフス・エレメント』の美術設定に協力。2010年はじめには「ヴァレリアンとロールリーヌ」はシリーズ最終第21巻が刊行され、40年以上続いたシリーズが完結した。


 


ピエール・クリスタン Pierre Christin


1938年パリ郊外のサン=マンデに生まれる。BD原作者。代表作はメジエールと組んだ「ヴァレリアンとロールリーヌ」。メジエールだけでなく、ジャック・タルディ、フランソワ・ブックといった著名な作家とも仕事をともにし、とりわけ、エンキ・ビラルと組んで作った「黒の騎士団」(Les Phalanges de l'Ordre noir)と「狩猟」(Partie de chasse)は政治的な主題を扱ったBDの古典として、現在も高く評価されている。また、ビラルの最初の映画『バンカー・パレス・ホテル』では、ビラルとともに脚本を担当しており、BD原作、小説、映画の脚本と、その才能を遺憾なく発揮している。


CHECK POINT

企画展

◆「ヴァレリアン――パリから京都へ 40年にわたる宇宙の旅」展


期間:2010 年3月27日(土)~5月31日(月)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週水曜(休祝日の場合翌日)
会場:京都国際マンガミュージアム ギャラリー4
料金:無料 ※ただし、ミュージアム入場料は別途必要です。
内容:メジエール&クリスタンの、代表作にしてSFコミックスの金字塔「ヴァレリアンとロールリーヌ」シリーズの複製原画22点と解説パネル、映画『スター・ウォーズ』との比較解説パネル、及びリュック・ベッソン監督の映画「フィフス・エレメント」(1997年)のためにメジエールが描いたイラストレーションパネル「ヴァレリアンとロールリーヌ」シリーズ25冊・関連本4冊が展示されます。


◆「日仏SFマンガの世界――想像力の彼方」展


期間:2010 年3月27日(土)~5月31日(月)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週水曜(休祝日の場合翌日)
会場:京都国際マンガミュージアム ギャラリー6
料金:無料 ※ただし、ミュージアム入場料は別途必要。
内容:フランスでも注目を集めている日本のSFマンガと、近年注目を集めているフランスのSFコミックスを、複製原画(33点)、日本の名作SFが掲載されていた当時の雑誌(20点)、手にとって読める日仏のマンガ本(200冊以上)で紹介します。

トークショー

◆日仏SFマンガサミットPart1 谷口ジロー×メジエール×クリスタン


メジエール&クリスタンと、フランスでも作品を発表し、海外で最も有名なマンガ家と言われている谷口ジローが、SFの可能性について語り合います。

出演者:ジャン=クロード・メジエール(BD作家)ピエール・クリスタン(BD原作者)谷口ジロー(マンガ家)
司会:原正人(BD研究者)
会場:京都国際マンガミュージアム 多目的映像ホール
日時:2010年5月3日(月・祝) 13:30~15:30
料金:無料 ※ただし、ミュージアム入場料は別途必要。
定員:200名(申込不要、先着順)
※当日10:00より会場前にて整理券配布。定員になり次第締め切り。


◆日仏SFマンガサミットPart2 安彦良和×モルヴァン


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のマンガ家・安彦良和と、藤原カムイら日本人作家とも組んでいる今フランスで最も人気のあるBD原作者のひとりジャン=ダヴィッド・モルヴァンによるトークショー。

出演者:ジャン=ダヴィッド・モルヴァン(BD原作者)安彦良和(マンガ家)
司会:原正人(BD研究者)
会場:京都国際マンガミュージアム 多目的映像ホール
日時:2010年5月4日(火・祝) 13:30~15:30
料金:無料 ※ただし、ミュージアム入場料は別途必要。
定員:200名(申込不要、先着順)
※当日10:00より会場前にて整理券配布。定員になり次第締め切り。

関連イベント

◆講演会 フランス・コミックスの巨匠が語るSFバンドデシネの世界


<会場:京都精華大学>
メジエール&クリスタンを、SF作品を多く手がけるマンガ家にして、京都精華大学教授でもある板橋しゅうほうが迎え、フランスSFマンガの魅力について語っていただきます。

出 演 者:ジャン=クロード・メジエール(BD作家[フランス])ピエール・クリスタン(BD原作者[フランス])
司会:板橋しゅうほう(マンガ家・京都精華大学マンガ学部教授)
日時:2010年5月7日(金) 午後16:30~18:30
料金:無料


◆映画上映会 ジャン=クロード・メジエールと観る『フィフス・エレメント』


<会場:関西日仏学館>
リュック・ベッソン監督『フィフス・エレメント』の美術設定を担当したフランスのSFマンガ(BD)の巨匠ジャン=クロード・メジエールの来京にあわせ、本人が映画の美術シーンの興味深いアイデアやエピソードを語っていただきます。また映画のために描かれたメジエールによるスケッチも公開されます。

日時:2010年5月8日(土) 午後16:00~18:00
料金:無料


◆公開講座 映像的想像力(ヴィジュアルイマジネーション)の愉悦―3人のクリエイターに聞く 手塚眞×メジエール×クリスタン

<会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)>[横浜市中区本町6-50-1]


メジエール&クリスタンと、独特の世界観で海外にもその名が知られるヴィジュアリストの手塚眞が、横浜・馬車道にて、SF、映画、マンガなど広くアーバンポップカルチャーについて論じます。

出演者:ジャン=クロード・メジエール(BD作家)、ピエール・クリスタン(BD原作者)、手塚眞(ヴィジュアリスト)
司会:原正人(BD研究者)
日時:2010年5月10日(月) 17:00~19:00
料金:無料
主催:横浜創造都市スクール(北仲スクール)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗