1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 陶磁器に出会うⅤ 開窯300年マイセン 西洋磁器の誕生

陶磁器に出会うⅤ 開窯300年マイセン 西洋磁器の誕生

2011/04/23 ~ 2011/07/03


【細見美術館】

細見美術館



色絵置物コンメディア・デッラルテ
「ぺドロリーノ」(1744年頃)

マイセンとはヨーロッパで磁器を初めて作った窯です。

純白の硬質な磁器(白磁)を作る技術がなかった17世紀のヨーロッパでは、中国の磁器や日本の伊万里焼は人々の憧れとなっていました。
西洋各国は何とかそれを自国で生産しようと、競って製造開発に乗り出します。

そして1710年。
ドイツ・ザクセン公国のアウグスト強王が開かせたマイセン王立磁器製作所(マイセン窯)が、ヨーロッパ初となる東洋の磁器とほぼ同質の「硬質磁器」の製造に成功しました。







色絵金彩人物文鉢(1723-24年)




色絵金彩貼花「スノーボール」ポプリポット(1745~60年)

今では世界を代表する磁器ブランドとなったマイセン窯。
その開窯300年を記念したこの展覧会では、マイセン窯の歴史のなかでも最も栄光ある時代とされる、最初の半世紀の作品を紹介いたします。

その後のマイセン窯のみならず、各地に開かれたヨーロッパ諸窯のほとんどの様式や技法、文様は、マイセン窯の初期の半世紀に創出されたといっても過言ではありません。
天才的な二人の創始者、J.G.ヘロルトの絵付けとケンドラーの造形によって、宮廷のためにのみ製作する王立の美術工房から、企業としての磁器工場へと発展してきたマイセン。
この時期の作品は工芸品の域を超え、ドイツ・ロココを代表する芸術品といわれています。

華やかなだけでは終わらない、マイセン磁器の真髄を表した作品の数々とともに、それらを創り出した18世紀のヨーロッパ文化の特色を感じていただければ幸いです。
CHECK POINT

【関連イベント】アートキューブレクチャー「貴女の知らないマイセン」

展覧会に関連してのレクチャーイベント。
陶磁史研究家の松村真希子氏を講師に迎え、展示の見どころや、目にする機会の少ない貴重な作品についてお話しいただきます。

日時:2011年6月4日(土) 14:00~
会場:細見美術館 講堂
講師:松村 真希子 氏(陶磁史研究家)

【事前のお申し込みが必要です】
美術館の窓口、もしくはお電話(075-752-5555)にてお申し込みください。

【関連イベント】洋食器のミニ茶会

初めての方でも気軽にお茶席体験ができる、細見美術館のミニ茶会。
今回は展覧会にちなみ、洋食器を主に使用した道具組みやしつらえでお楽しみいただきます。
カフェオレボウルやスープカップで飲むお茶の味わいは…?!
いつもとちょっと違った雰囲気のお茶会、体験してみては?

日時:2011年6月11日(土)、12日(日) 各日1)13:00~、2)14:30~(約50分予定)
定員:各回15名
会場:細見美術館3階 茶室「古香庵」
料金:3000円(美術館サポートメンバーの方は2000円/フェローシップメンバーの方は無料)
内容:お茶の前の小さなお楽しみ、薄茶と季節の生菓子、小さなおみやげ
※特典として、当日展覧会を無料でご観覧いただけます。

※お召し物は洋服、和装、いずれもOKです。
※足袋か靴下をご持参ください。(お持ちの方は、懐紙・菓子切り・扇子も)

【事前のお申し込みが必要です】
電話かFAX、メールにてお申し込みください。
FAX、メールにはタイトルにイベント名「洋食器のミニ茶会」を明記し(メールの場合はタイトル欄に)、参加希望のお日にちと回、名前、住所、連絡先(電話番号・メールアドレスなど)、参加希望人数を添えてお送りください。
お申し込みの方には、FAX・ハガキ・またはメールにて、ご案内をお送りいたします。

【関連イベント】特別企画・お花入門10 「テーブルを彩る~華やぎのもてなし花~」

美術館でお花の1Dayレッスンはいかが?
お客様のおもてなしや、ご自身のくつろぎタイムに…
いつまでも眺めていたくなるような、素敵なテーブル装花をつくりましょう!
制作終了後には、ティータイムをご一緒に。
初心者の方も基礎からレクチャーして頂けるので、気軽に参加OKです。

日時:2011年5月20日(金)13:30~15:30(受付13:15~)
           21日(土)10:30~12:30(受付10:15~)、13:30~15:30(受付13:15~)
会場:細見美術館 地下1階 サンクンガーデン(予定)
講師:坂野 直子(フラワーコーディネーター)
参加費:5000円(花材、器、お茶、お菓子代含む)
※特典として、当日展覧会を無料でご観覧いただけます。
※制作終了後、ティータイムを楽しみます。また、館内のオープンスペースにて作品を撮影していただけます。

※花バサミ、エプロンをご持参ください。

【事前のお申し込みが必要です】
電話かFAX、メールにてお申し込みください。
FAX、メールにはタイトルにイベント名「お花入門10」を明記し(メールの場合はタイトル欄に)、
参加希望のお日にちと回、名前、住所、連絡先(電話番号・メールアドレスなど)、参加希望人数を添えてお送りください。
お申し込みの方には、FAX・ハガキ・またはメールにて、ご案内をお送りいたします。

※5月13日(金)以降のお取り消しには、キャンセル料が生じる場合がございます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗