1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 麗しき日本の美 -細見コレクション名品選-

麗しき日本の美 -細見コレクション名品選-

2011/01/28 ~ 2011/04/17


【細見美術館】

細見美術館

様々な時代やジャンルを象徴する作品で構成されている細見コレクション。今回の春季展では、その多彩なコレクションから人気の高いジャンルを精選して、前期に若冲や北斎をはじめとする江戸絵画を、後期では華麗なる琳派の世界をご紹介します。
また、同時に特集展示として茶の湯の道具や調度に施されたかざりも公開されます。
この機会に、日本美術の繊細、優美な感性が息づく麗しき日本の美をご堪能ください。



前期:「若冲と江戸絵画の世界」1/28(金)~3/13(日)





江戸時代は御用絵師狩野派による画一的な絵画が一般的でした。しかし18世紀になると、洋書の解禁などがきっかけとなり、文人画や写生画などといった多彩な作風が広まります。
円山応挙や池大雅らによる江戸絵画の優品、また浮世絵の巨匠・葛飾北斎の代表作は、近世文化の魅力を雄弁に伝えます。

中でも琳派とともに細見美術館の江戸絵画コレクションの双璧を成すのが、伊藤若冲です。彼の独創的な画風は江戸中期の京都で異彩を放ちました。この展覧会では鶏や鼠などの身近な生き物を、鋭い観察眼とともに温かいまなざしで捉えた作品を中心に紹介していきます。



後期:「琳派を愉しむ」 3/17(木)~4月17日(日)





江戸時代に花開いた日本美術の精華、琳派。本阿弥光悦、俵屋宗達によって試みられた王朝美の再現は、大胆な表現力で江戸初期の人々を圧倒。新たな時代の美意識を創り上げました。後に尾形光琳、酒井抱一が継承し、洗練の度を高めた琳派様式は、明確な色彩や優れた構成により、多大な人気を博しました。
中でも琳派が得意とした草花図は、江戸初期の宗達の金銀泥絵の花にはじまり、近代に活躍した雪佳まで、三百年以上にわたり描き継がれました。

ここでは細見コレクションの中から、草花図を中心に宗達や光琳をはじめ、中村芳中、神坂雪佳らによる典雅な上方琳派(京琳派)と、抱一や鈴木其一らによる瀟洒な江戸琳派に分けて紹介します。
それぞれの表現の違いも見比べながらお愉しみください。

CHECK POINT

展覧会鑑賞特典付き・特別企画 お花入門9 「季節の花飾り~早春編・バレンタインの花~」

美術館でフラワーアートの1日レッスンが受けられるイベント。
一足早く春の空気が感じられる生花にスイーツを添えて、思わず誰かにプレゼントしたくなるようなギフトボックスを制作します。基礎から丁寧に教えていただけるので、初心者の方も気軽に参加できます。
なお、特典として、展覧会を当日無料で鑑賞できます!

日時:2011年2月4日(金)13:30~15:30(受付13:15~)
         2月5日(土)10:30~12:30(受付10:15~)/13:30~15:30(受付13:15~)
会場:細見美術館 3階 会議室
講師:坂野直子 氏(フラワーコーディネーター)
料金:5,000円(花バサミ、エプロンをご用意下さい)

事前申し込み制です(定員各回10名)
電話/FAX/メールにて、イベント名「お花入門9」と希望日時、住所・氏名・連絡先・参加人数をご連絡の上、お申し込み下さい。お申し込みの方には、FAXかハガキにてご案内をお送り致します。(メールの場合はタイトルにイベント名を明記して下さい)
※1月28日(金)以降のキャンセルはキャンセル料が発生する場合がございます。
※詳細は美術館までお問合せ下さい。

展覧会鑑賞特典付き・気軽にお茶会体験「桜のミニ茶会」

初めての方でも気軽に参加できるお茶会の入門編。季節のお点前、室礼の楽しみ方、簡単なお客様の作法も教えていただけます。この機会にお茶会体験、してみては如何でしょうか?
なお、特典として、展覧会を当日無料で鑑賞できます!


日時:2011年4月2日(土)、3日(日) 13:30~/14:30~(各席 約50分)
会場:細見美術館 3階 茶室「古香庵」
料金:3,000円
(美術館のサポートメンバーの方は2,400円、フェローシップメンバーの方は無料)
※服装は、お着物でも洋服でもどちらでも大丈夫です。
※当日は足袋か靴下をご持参下さい。(お持ちの方は懐紙・菓子切り・扇子も)

事前申し込み制です(定員各席15名)
電話/FAX/メールにて、イベント名「桜のミニ茶会」と希望日時、住所・氏名・連絡先・参加人数をご連絡の上、お申し込み下さい。お申し込みの方には、FAXかハガキにてご案内をお送り致します。(メールの場合はタイトルにイベント名を明記して下さい)
※詳細は美術館までお問合せ下さい

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗