1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. 文化庁メディア芸術祭 京都展(アート展示)

文化庁メディア芸術祭 京都展(アート展示)

2010/09/02 ~ 2010/09/12


【京都芸術センター】

京都芸術センター






『KAGE-table』近森基++久納鏡子(plaplax)

© 近森基++久納鏡子, 2008





『音点字』福森 みか © Mika Fukumori




文化庁では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガなどの優れたメディア芸術作品の顕彰と鑑賞機会の提供を目的に、1997年から「文化庁メディア芸術祭」を実施しています。
14回目を迎える今年2010年、関西では初めてとなる京都展が、京都芸術センターと京都国際マンガミュージアムの2会場にて開催されます。

京都芸術センターでは、メディアアートを中心とした作品を展示。
文化庁メディア芸術祭での近年の受賞作品を中心に、最先端のテクノロジーを駆使したインタラクティブアートや、大規模なインスタレーション作品を様々な場所に展示します。
また、今回特別展示として、京都芸術センターと文化庁メディア芸術祭のコラボレーション作品の展示も行います。
音や光、動きなど、様々な要素と技術が交差する最先端のメディアアート作品に、是非触れてみて下さい。





《主な展示作品》
『KAGE-table』近森基+久納鏡子(plaplax)
『音点字』福森 みか
『loopScape』クワクボリョウタ
『Moment- performative spazieren』
田口 行弘
特別展示『BEACON 2010』
BEACON PROJECT TEAM(伊藤高志、稲垣貴士、吉岡洋、KOSUGI+ANDO) 他



関連リンク

マンガ部門(京都国際マンガミュージアム)についてはこちら
文化庁メディア芸術祭 京都展 公式サイト

CHECK POINT

【映像作品上映】京都芸術センター会場限定の作品も!

期間中には、文化庁メディア芸術祭の受賞作品を中心に、劇場公開アニメーション、短編アニメーション、アート映像などの上映が行われます。
短編アニメーションのプログラムでは、パペット(人形)や、手描きによる作品を特集し、コンピュータによる映像制作が中心になりつつある今、手で表現することの重要性や魅力を紹介します。
京都芸術センター会場での限定上映作品も有りますので、ご確認をお忘れなく!

長編アニメーション(京都芸術センター限定)


■ 『サマーウォーズ』(細田 守)
■ 『電信柱エレミの恋』(中田秀人)

プログラムA:文化庁メディア芸術祭短編アニメーションセレクション
コマ撮りアニメーション(約60分)(各会場)


■ 『FORESTRY』 竹内 俊太郎 / 早船 将人(ウッドペッカー)
■ 『記憶全景』 横田 将士
■ 『王さまものがたり3』 三角 芳子
■ 『ギンガムチェックの小鳥』 長井 勝見
■ 『ニャッキ!ふみきり』 伊藤 有壱
ほか、計10作品を上映

プログラムB:文化庁メディア芸術祭短編アニメーションセレクション
手描きアニメーション(約60分)(各会場)


■ 『つみきのいえ』 加藤 久仁生
■ 『アニマルダンス』 大川原 亮
■ 『The Cable Car』 Claudius GENTINETTA / Frank BRAUN
■ 『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』 植草 航
■ 『BUILDINGS』 上甲トモヨシ
ほか、計12作品上映

プログラムC:第13回文化庁メディア芸術祭
アート部門映像セレクション(京都芸術センター限定)


■ 『Dry Land Dry Beans』 黄川田 勇太
■ 『grained time』 五島 一浩
■ 『Alone』 Gerard FREIXES RIBERA
ほか、計9作品上映

上映スケジュール、作品などの詳細については公式ホームページをご覧下さい。

【座談会】「メディアアート一期一会」

「メディアアート」とはそもそも何?分かったようで分からないこの言葉。
生真面目な議論からでは解き明かせない、答えがスルスルと逃げていく問題が、そこにはあるようです。
この座談会では、特別展示「BEACON 2010」を担当したBEACON PROJECT TEAM も交えてお茶を飲みながら、メディアアートの本質に迫る「おしゃべり」を繰り広げます。

日時:9月4日(土) 16:00~18:00
会場:京都芸術センター 和室(4階)
出演:吉岡 洋(京都大学教授)、BEACON PROJECT TEAM、野口 玲一(文化庁芸術文化調査官)
※当日の朝10:00から、1Fフリースペース前受付にて先着順(30名)に整理券を配布します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗