1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 何必館・京都現代美術館
  5. 時代の証言者 マルク・リブー MARC RIBOUD 展

時代の証言者 マルク・リブー MARC RIBOUD 展

2012/03/03 ~ 2012/04/22


【何必館・京都現代美術館】

何必館・京都現代美術館



マルク・リブー (Marc Riboud 1923~) は、1950年代から現在まで、世界中で精力的な活動を続ける、現代を代表するフォトジャーナリストです。

写真家集団「マグナム」の創始者、アンリ・カルティエ=ブレッソンやロバート・キャパらの同志であったリブー。彼は1950年代のアフリカ独立運動、60年代のベトナム戦争など激動の時代に立会い、西側の写真家として初めて中国の取材にも成功しました。その作品は、米誌「ニューヨークタイムズ」「ライフ」、英誌「タイムズ」、仏誌「フィガロ」、独誌「シュテルン」、日本の新聞・雑誌など、世界各国の紙面を飾ってきました。



彼は一貫して、自分から興味を持った場所を取材するために長期間滞在し、混沌とした現実から、ひとつの秩序ある瞬間を切り取ってきました。
近年、ニューヨークの国際写真センターや、パリのヨーロッパ写真美術館にて大規模な回顧展が開催され、ますます高い評価を獲得しています。
人間性を尊重し、時代に生きる人々をヒューマンな眼差しで見つめた彼の写真には、われわれ現代人の生き方に対する多くのメッセージを見出すことができるでしょう。


今回の展覧会では、1950年代から半世紀にわたるマルク・リブーの代表作約60点を展示します。
作品は全てマルク・リブー自身によるサイン入りオリジナルプリントです。


「写真を撮ることは人生を味わうことだ」という彼の言葉にあるように、世界中の歴史の証人として活動を続ける、写真家・マルク・リブー。その全貌を紹介する貴重な機会に、是非ご高覧下さい。
CHECK POINT

マルク・リブー プロフィール

1923年、フランス・リヨン生まれ。
1937年、14歳の時に初めて写真を撮る。
1943年から45年までレジスタンス運動に参加し、その後リヨンの国立高等工芸学校にて工学を学ぶ。1951年までエンジニアとしてリヨンの工場で働き、その後フリーランスの写真家となる。
1953年パリに移り、「マグナム」に参加。1954年ロンドンに移住。パリに戻り、1955年「マグナム」の正会員となる。
1957年には西側の写真家として初めて中国を撮影し、その後も中国を中心に東南アジアを取材。
1966年と1970年海外記者クラブ賞受賞。パリやニューヨークでも個展を開催してる。
写真集では「Three Banners of China」(1966)、「Face of North Vietnam」(1970)、「Visions of China」(1981)、「In China」(1996)などが特に良く知られている。
1975-76年、「マグナム」の会長を務める。
1979年、「マグナム」の寄稿家に転向。中国や北ヴェトナムなどの作品は、数々の賞を受賞した。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗