1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. マンガ・ミーツ・ルーヴル-美術館に迷い込んだ5人の作家たち

マンガ・ミーツ・ルーヴル-美術館に迷い込んだ5人の作家たち

2010/11/05 ~ 2010/12/03


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムではこれまで、展覧会や講演会などを通し、海外のマンガ、特にフランスのバンド・デシネ(BD)を精力的に紹介してきました。

フランスでBDは「第九芸術」と呼ばれ、日本のマンガとはまた異なった文化を発展させています。
その現代の「芸術」に、美の殿堂として世界に冠たるルーヴル美術館が注目しました。
そしてルーヴル美術館とフュチュロポリス社(出版社)が、共同でBD界を代表する作家にルーヴル美術館をテーマにした作品制作を依頼し、単行本として出版するというプロジェクトが誕生したのです。

このプロジェクトには、フランス・ベルギーのBD作家4人に加え、日本からは唯一、荒木飛呂彦氏(『ジョジョの奇妙な冒険』)が参加したことでも話題になりました。
この展覧会は,そのプロジェクトを通して生まれた5人の作家による個性豊かな作品を、原画を中心にご紹介するものです。

ルーヴル美術館を含め、二箇所でしか見られなかった、噂の展覧会が日本初上陸します。
これまでの「ルーヴル展」とは一味違う、「マンガとルーヴルの出会い展」。この機会に是非お楽しみ下さい。

※このイベントは「KYOTO CMEX 2010」の関連イベントです。


■ 出展作家&作品
ニコラ・ド・クレシー(フランス)「氷河期」
マルク=アントワーヌ・マチュー(フランス)「レヴォリュ美術館の地下」
エリック・リベルジュ(フランス)「奇数時間に」
ベルナール・イスレール(ベルギー)「ルーヴルの上に広がる空」
荒木飛呂彦(日本)「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」


CHECK POINT

【関連イベント】ライブ・ペインティング 「バンド・デシネ・ミーツ・マンガミュージアム」

展覧会の出展作家であるBD作家のうち3名(ニコラ・ド・クレシー、マルク=アントワーヌ・マチュー、エリック・リベルジュ)がフランスから来日!
ライブ・ペインティングを中心としたイベントを開催します。
フランスを代表する作家が生み出す制作現場の空気をたっぷりと体感できる、貴重な機会です。

日時:2010年11月6日(土) 14:00~17:00
会場:京都国際マンガミュージアム
出演:ニコラ・ド・クレシー氏(BD作家)、マルク=アントワーヌ・マチュー氏(BD作家)、エリック・リベルジュ氏(BD作家)
参加費:無料(ミュージアム入館料は別途必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗