蒔絵の小箱

2015/05/23 ~ 2015/08/16


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館

繊細できらびやかな装飾、洗練されたデザイン、手の平に乗る愛らしい大きさ。
中に小さな箱がいくつも入っているものもあり、アクセサリーを入れてもよし、お菓子を入れてもよし。
蒔絵の小箱はそんな、ついつい集めたくなる要素を備えています。

蒔絵は日本独自に発展した漆器の装飾技法で、幕末・明治期にその技は極致に達しました。
鎖国の開けた19世紀には、西洋人たちをも魅了し、おびただしい数の蒔絵の小品が海を渡っていきました。
元来、小箱の類はお香を納めるために作られたものも少なくありませんが、その蓋をあける時に西洋の人々もまた、日本の風雅な遊びの面影をみることができたのかもしれません。

今回の展覧会では、欧米より里帰りした作品を含めた小箱、およそ60点を展示します。
この機会にぜひご高覧ください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗