1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 蒔絵の文台・硯・料紙箱

蒔絵の文台・硯・料紙箱

2014/02/21 ~ 2014/05/18


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館

「蒔絵」は、日本で独自に考案された漆器の装飾技法です。
まず生漆(きうるし)で絵を描き、その上から金粉、銀粉、青貝などを蒔いて、乾かした後に表面を炭で研いで艶を出し、蒔絵は仕上がります。

蒔絵が進化したのは江戸時代のこと。
江戸時代には将軍家や大名家お抱えの蒔絵師達がおり、婚礼用の調度品を姫君達の為に作りました。
そして江戸後期に入ると、大名家を凌ぐほどの財力を持つ豪商人達が現われ、町の蒔絵師達に大名家のものには無い面白い意匠のものを作らせました。
そうした過程の中で、高蒔絵、研出し蒔絵、色絵といった新しい技法が生み出され、また金工や彫刻作家とのコラボレーションの作品も作られるようになりました。

今回の展覧会では、硯箱を中心に、文台や料紙箱といった硯箱とのセットで作られる事が多かった大型の作品、なかでも明治の蒔絵界を代表する柴田是真、池田泰真、白山松哉、川之辺一朝、赤塚自得といった、帝室技芸員達による蒔絵作品を中心にご紹介します。華麗で、繊細で、雅やかな世界をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、
実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2014年3月23日(日)14:00~15:00
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗