1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. イメージの魔術師 エロール・ル・カイン展 ~めくるめく絵本原画の世界~

イメージの魔術師 エロール・ル・カイン展 ~めくるめく絵本原画の世界~

2009/12/04 ~ 2009/12/27


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


「イメージの魔術師」とも称される絵本作家、エロール・ル・カイン。


1941年、シンガポールに生まれたエロール・ル・カインは、インド、香港、日本、サイゴンなど、東洋で幼少年期を過ごしました。
絵本作家としての第一歩を踏み出すことになったのは、1968年に映画用に描いたラフスケッチを元に出版した『アーサー王の剣』。その後、『いばらひめ』『おどる12人のおひめさま』『美女と野獣』『まほうつかいのむすめ』など48冊の絵本を出版し、1984年には『ハイワサのちいさかったころ』でケイト・グリーナウェイ賞を受賞。イギリスを代表する絵本作家のひとりとなりました。

ル・カインの描くイラストレーションは、東洋と西洋、幻想性と写実性、繊細さと大胆さ、という相反するかのような特徴をあわせもっています。また細密に描かれ装飾性が強いその作品は、まさに華麗、絢爛そのものです。自身の中に吸収したさまざまな像を自由自在に引き出し組み合わせ、ひとりの作家が描いたとは思えないほどの多様な作風によって形にする器用さは、まさに「イメージの魔術師」の名にふさわしいと言えるでしょう。

47歳の若さで亡くなるまで、絵本の挿絵やアニメーション映画製作に携わったル・カイン。
今年2009年は、その没後20年の節目の年となります。
展覧会では、えほんミュージアム清里が所蔵するコレクションの中から、この季節に相応しいクリスマス絵本の原画をはじめ、スケッチなど未公開作品を含む約150点を展示。類いまれなる才能を持ったエロール・ル・カインの華麗なイメージの世界をご紹介します。


CHECK POINT

クリスマスにぴったり。エロール・ル・カインの描く魔法の世界。

ヨーロッパ人とアジア人を両親に持つ混血児として生を受けたエロール・ル・カイン。
幼少時は第二次世界大戦の影響で生まれ故郷のシンガポールからインドへ疎開。その後、エロール少年は香港、サイゴン(現在のベトナム・ホーチミン市)、そして日本とアジア圏の国々を転々と旅することとなります。
この時期に目にした、古の帝国の名残が残る町並みや東洋的な風景の数々、そして聞かされた神話や伝説といった物語は後の彼の創作活動の原点となりました。
実際、ル・カインの作品はヨーロッパの物語を題材にしつつも、その表現にはどこか東洋的な、エキゾチックな雰囲気を漂わせています。

今回の展示作品の中には、彼の代表作でもあるクリスマス絵本の原画も展示されます。
ル・カインの描く幻想的でどこかミステリアス、そして優しいまなざしに溢れた魔法の世界。
その雰囲気がぴったりの12月に、是非味わってみては如何でしょうか。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗