1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. ルーヴル美術館展―17世紀ヨーロッパ絵画―

ルーヴル美術館展―17世紀ヨーロッパ絵画―

2009/06/30 ~ 2009/09/27


【京都市美術館】

京都市美術館

ヨーロッパ絵画史の上でも、「黄金の世紀」と呼ばれる17世紀。
この時代には、多様かつ各々に個性的な画家たちが数多く活躍していました。
しかし、芸術的な意味では実り豊かであった17世紀ですが、社会に目を向けると飢餓に貧困、大航海時代、科学革命や聖人信仰など、これまでにない大波乱のうねりの中にあった時代でもありました。
しかし、その大波があったからこそ、芸術家たちの創作意欲が大いに刺激され、「黄金」と称されるにふさわしい名作の時代につながったとも言えます。




今回の特別展では、その激動の17世紀を
1.「黄金の世紀とその陰」
2.「大航海と科学革命」
3.「聖人の世紀における古代文明の遺産」
という3つの側面に分け、それぞれに見られる特徴が実際の絵画によって紹介されています。

中でも目玉となるのは、フェルメール『レースを編む女』、レンブラント『縁なし帽を被り、金の鎖を付けた自画像』、プッサン『川から救われるモーセ』、ラ・トゥール『大工ヨセフ』など、まさにルーヴル美術館の至宝と言える作品たちです。総数71点の絵画から、17世紀ヨーロッパの雰囲気を間近で感じられる展覧会になっています。


CHECK POINT

フェルメールの傑作が初来日:『レースを編む女』

一瞬の光を捉え、その永遠の印象を描き出す達人、ヨハネス・フェルメール。
光の画家、とも称されるその美しい光の表現は自然かつ非常に幻想的です。
17世紀に活躍したオランダ画家の中で最も評価の高い巨匠の一人であるフェルメールですが、何世紀にも渡りその存在は謎に包まれており、また短い生涯の間に実際に描いた絵も少なく、現在30数点しか残されていません。
そのうちの1点、フェルメール晩年の傑作である『レースを編む女』が今回、初来日します。
これは彼の作品の中でも特に小さなものですが、彼の美しい光の表現ははっきりと見ることができます。
これを目当てにルーヴルを訪れる人も少なくないという傑作を、是非ご自分の目で。

額にも注目!

画集などでは絵画そのものを鑑賞することはできますが、実際の絵画は額縁をつけた姿で飾られているもの。
それは美術館などに足を運ばなければ見ることが出来ません。
額縁があるとないとでは、絵画は見る人に全く違う印象を与えます。
全体的な構図を引き締まって見せるほか、黒い額縁は白を・金色は青を強調する効果がある、とも言われています。
また、額縁は時代によって作りや様式が違っているため、当時のデザインの感覚や流行などを知ることもできます。
ルーヴル美術館には、額縁を保管する専用の部屋があり、何千という空の額縁が吊るされており、新たな主となる絵を待っています。
額縁は絵が当初から入れられていたオリジナルでなくても、その絵に似合うものとして数ある中から選ばれた、立派なひとつの造形物。
展覧会では、絵だけでなく、額縁のつくりに注目してみるのも面白いかもしれません。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗