1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

2013/03/19 ~ 2013/06/09


【京都市美術館】

京都市美術館

【画像】
(1)ペーテル・パウル・ルーベンス《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》1616年頃 ※チラシ使用画像
(2)ラファエッロ・サンティ《男の肖像》1502/04年頃
(3)アンソニー・ヴァン・ダイク《マリア・デ・タシスの肖像》1629/30年頃
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna


オーストリアとスイスの間に位置する小さな国、リヒテンシュタイン。この国を治めるヨーロッパの名門・リヒテンシュタイン侯爵家は、「優れた美術品の収集こそ一族の栄誉」として、500年以上に渡って美術品を収集してきました。
その数は絵画だけでも1,600点、その他の工芸品や武具などを合わせると約30,000点に及びます。規模としては英国王室に次ぐ、世界最大級の個人コレクションです。

コレクションは既に19世紀には公開されていましたが、第二次世界大戦後は一般の目に触れる機会はごく限られたものとなり、ようやく2004年に隣国オーストリアのウィーンにある「夏の離宮」にて一部公開が行われるようになりました。
しかし展覧会としては1985-86年のアメリカ・メトロポリタン美術館での大規模コレクション展のほかはほとんど例がありませんでした。

日本でもリヒテンシュタイン・コレクションをまとまった数で展示する展覧会の実現が待ち望まれてきましたが、この度日本の皇室とも親交の深いリヒテンシュタイン家の全面協力により、待望の初来日展が実現しました。
世界屈指とされるルーベンス・コレクションからは、愛娘を描いた《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》など8点が登場。その他にも、ルネサンスを代表する画家・ラファエッロや、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクをはじめとする巨匠たちの名画や、19世紀前半に中欧で流行したビーダーマイヤー様式の優美な絵画、工芸品など、選りすぐりの88点が一堂に並びます。
また、侯爵家の豪華な調度品を用いて華やかなバロック宮殿の雰囲気を再現する「バロック・サロン」も見どころです。

現代まで守り続けられた、華麗なる宮殿の至宝をこの機会にご覧ください。
CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会

リヒテンシュタイン侯爵家コレクションの歴史と特性


日時:2013年3月20日(水・祝)14:00~15:00
講師:ヨハン・クレフトナー(リヒテンシュタイン侯爵家コレクション・ディレクター) ※逐次通訳付
会場:京都市美術館 講演室
定員:先着90名
※聴講無料(展覧会観覧券が必要です)
※事前申し込みは不要です。当日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

侯爵家コレクションにみる静物表現の魅惑


日時:2013年4月6日(土)14:00~15:30
講師:蜷川順子 (関西大学文学部教授)
会場:京都市美術館 講演室
定員:先着90名
※聴講無料(展覧会観覧券が必要です)
※事前申し込みは不要です。当日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

【関連イベント】展覧会解説講座 「リヒテンシュタイン展の見どころ」

日時:2013年4月27日(土)、5月18日(土) 各回14:00~15:00
講師:京都市美術館学芸員
定員:先着90名
※聴講無料(展覧会観覧券が必要です)
※事前申し込みは不要です。当日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

【関連イベント】ワークショップ

“ネイル美術(アート)”してみよう


リヒテンシュタイン展に出品されている絵を、身近な塗料「マニキュア」を使って描いてみるワークショップです。
油絵の具は専門的で難しそうですが、マニキュアなら持っている人も多く、塗るのも簡単です。
塗り絵をするような感覚で、ラメなども使って、名画を可愛く再現してみましょう。

日時:2013年3月24日(日)13:30~16:30
講師:比果 彩(美術作家)
会場:京都市美術館 講演室(中学生以上の方が対象です/定員:20名)
料金:500円
※事前申込みが必要です。(申込締切:3月15日(金)必着)

CHIMASKI Work Shop「Snack Jewel」


CHIMASKIのジュエリー「Snack Jewel(スナック・ジュエル)」を作るワークショップ。
お菓子の包み紙で、宝石やジュエリー・アクセサリーを包みます。
不要になった、または包んでみたいアクセサリーを持参して、新たなジュエリーに変身させてみましょう。
※「CHIMASKI」…2011年に出版社のデザイン部からスタートさせたジュエリーブランド。現在は独立し、京都にスタジオを構え、不定期で新作を発表している。
美術館でのワークショップのほか、海外でコンテンポラリージュエリーの展覧会に参加するなど、活動は多岐に渡る。

日時:2013年3月30日(土)13:30~16:30
講師:CHIMASKI
会場:京都市美術館 講演室(中学生以上の方が対象です/定員:20名)
料金:500円
※不要になった、もしくは包んでみたいアクセサリーをご持参ください。
※事前申込が必要です。(申込締切:3月20日(水・祝)必着)

申込方法

はがき、FAX、メールのいずれかにて、
「郵便番号」「住所」「年齢」「電話番号」「参加希望のワークショップ名」を記入の上、
下記の宛先までお申し込みください。申込多数の場合は抽選となります。

【宛先】
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124 京都市美術館「ワークショップ係」
FAX 075-761-0444
メール bijutsukan@city.kyoto.jp

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗